<   2010年 07月 ( 20 )   > この月の画像一覧

今日、アンビリーバボーでハッピーでワンダフル、
で、やっぱりアンビリーバボーなメールが届きました!

メールをくれたのは、ワタシと夫、Tim&PumaMimiのMimiさんも大好きな
シアトルのパンクバンド「Fastbacks」(ファストバックス)のギターボーカル、
Luluさん本人でした!!!

ファストバックスは、1979年〜2001年まで活動していて、
昔のニルヴァーナと同じ、SUBPOPサブポップというレーベルから
アルバムを何枚も出しています。
ガールズボーカルのポップなパンク。ちょっと変わったメロディーも魅力です。
今は、残念ながら解散していますが、
私は18歳くらいの時に、彼らを知って以来、ずっと大好きで聴き続けています。

そして、今回なぜ、ルル様からメールが来たかと言うと。

私達夫婦は、2009年にFastbacksの中でもお気に入りの
「Gone to the moon」という曲をカバーしてyoutubeにアップしたことがあるのです。
(大学時代にMimiさんとやっていたバンドで、コピーし、二人で歌ったこともあります)

それを見て、メールをくれたわけです。

動画はこちら。
ファズがワタシに抱かれて、じっと耐えています。笑。
当時はまだエコーがいないのが、ちょっと不思議。
http://www.youtube.com/watch?v=6t9_2wbJVpI


来たメールを簡単に訳しますね。直訳ですが・・。
「こんにちは。私はFastbakcsのギターボーカルのLuluです。
あなたたちのgone to the moonのバージョン、とても好きです。
動画を見て笑ってしまったのですが、
私も大きなオレンジ色の猫を飼っています。Cosmoコスモと言います。

今日メールを書いたのは、9月3日にシアトルで、私とKurt(ギターで作曲担当)の
50歳の誕生日ライブをやることになったことをお知らせするためです。
Fastbacksの大きなトリビュートイベントです。
夜通し、たくさんのバンドがファストバックスの曲を演奏します。
よかったら、あなたたちもぜひシアトルに来て
ライブをしてくれたら、とても嬉しいです。

急なことで、来ることが難しいということも理解していますが、
あなたたちの演奏がどれくらい気に入っているかということを、知って欲しいと思いました。
私は、自分たちのものより、あなた方のバージョンが好きです。」

こんな内容でした。
そして、この猫ちゃんたちの写真が添付されていました。
かわいい!
コスモはファズで、隣で寝ているのはまるでエコーじゃないですか!
しかも仲良し。うらやましいー。
f0236736_2194741.jpg

さっき、夫が仕事から帰って来て、少し冷静さを取り戻しましたが、
見た瞬間は、あまりの嬉しさにキャーーーー!と叫び出しそうでした。
実は本日、つわりがヒドく、寝てばかりいたのですが、一瞬でふっ飛びました。
ずっとずっと大好きだったバンドから、ライブをしませんか?と言われるなんて。
うれしくて、うれしくて、涙がでました。
生きてて良かった!大げさじゃなく、ほんとに。
私達、二人とも音楽が大好きで良かった。

二人で抱き合って喜びを分かち合いましたが、まだ足りなくて、
これから祝杯をあげようと思います。
わたしはもちろんジュースで。

話が前後しますが、
実はこの動画をアップして何ヶ月か経った頃、まず最初に、
もう1人のメインベースボーカル、Kimキムさん本人から、メールをもらっていました。

「Oh!Shit!私達の曲をカバーしてくれる人なんて今までいなかったから、
心臓が飛び出る程びっくり!あなたたちは、誰?日本人?
なぜファストバックスのGone to the moonのカバーをしているの?
とにかく、素晴らしいバージョン!大好き!
この曲のギターは、作曲したkurtも難しい、って言ってたのに、
素晴らしいギターテクニックね。猫もかわいい!
私はすぐ、ファストバックスのメンバー、友達やたくさんの人に、
あなたたちの動画を教えまくりました。
私のプライベートのメールアドレスを書いておくので、お返事ください」

そんな内容。
最初にもらったキムねえさんからのメールは
現役のサブポップのスタッフという肩書きが想像できるような、
ハイテンションで、パンクなメールでした。笑。
それほど英語が得意でないワタシは「え?怒られてる?」と一瞬勘違いしたほど。
そして、あまりに信じられない出来事に、これは本当にKimさんなのか????
と、英語バリバリのMimiさんにメールを転送したのを覚えています。
(本人だと思う、という結果になりました)

このアルバム「ZUCKER」にGone to the moonが入っていて、
髪の長い方がキムさん、短い方がルルさんです。
f0236736_215222.jpg

そんなメールのやりとりが何度かあり、
実際にyoutubeのアクセスが増え始めました。
海外のファストバックスファンから、たくさんのコメントが来て、
インターネットって凄いなあ、と思ったものでした。
「猫がかわいい」というファズへのコメントもありました。笑。

キムさんに「またファストバックスの活動が見たいです」と書いたら、
「疲れちゃったので、ファストバックスとしては、もう活動しないと思うけれど、
今でもみんな仲良しで、よく遊んでいるよ。
私は今、ニューヨークのEvan Dandoイヴァン・ダンドゥ
(Lemonnhedsレモンヘッズ!!!!!)
とバンドを組んで、新しい活動をしていて、すっごく良い感じです」
なんて、メールが来たりして。
わお!素敵すぎる。そのメンツ!

そして「またぜひ別の曲をカバーして欲しい!待っています」と書かれてたのが
何ヶ月か前(春くらいかな)。
私達も、それはそれは興奮して
「また何かカバーやって、Kimさんに送ろうね!」って話していたのでした。

あ、春に確か
「明後日、ギターボーカルのLuluが日本に映画関係の仕事で行くらしくて、
もし良かったら、ぜひ会って!Luluも会いたいはずだから」と言うメールが来て、
おおう、Kimさんなかなかテンション高いなあ、でも、Luluさん本人とは
まだ面識(メールにしても)ないねえ。
連絡がきたら会おうね、って夫と話していたのだけど、メールは来なくて。
っていうこともあったっけなあ。

そして、今回のLuluさんからのメール!

ああ、本当にシアワセだ。
アトムにこの幸せな気持ちが伝わっているといいな。

現実には、シアトルまで行くことはできないかもしれません。
お誘いは本当に本当に嬉しいけれど、なんたって、アトムが一番大事。

シアトルは日本から一番近いアメリカだそうで、
飛行時間は8時間とハワイと同じくらいです。
安定期にハワイへ行く妊婦さんは、結構いるようですが、医師の確認が必要だそうです。
前から安定期に入ったら、どこか旅行に行こうね、と二人で話してはいましたが、
冷静に慎重に、話し合ってLuluさんにお返事したいと思います。

夫に行ってもらって、ワタシはティムプー方式でスカイプで出演、
なんてのもアリかしら。

もし今、行けなかったとしても、
いつかアトムと一緒にFastbacksを訪ねてシアトルに行きたいと思います。
シアトルは、ギターの神様ジミ・ヘンドリックス生誕の地でもあるそうです。
そりゃ、夫はギタリストとしても行かなきゃね!
私達の敬愛する建築家、フランク・O・ゲーリーの音楽ミュージアムもあるんですって。
(私達の結婚指輪はゲーリーのデザイン)
うん!いずれにせよシアトル行きは、夢の一つに決定。
すぐそこの将来か、もう少し先の将来か。

ちなみに、原曲はyoutubeでは削除されちゃっていたのですが、
ニコニコ動画の方にありました。
登録しないと見ることは出来ないのですが、
ワタシたちのとは違う、ホンモノのパンクバージョンを見てもらえたら嬉しいです。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm6105258
f0236736_21135017.jpg

[PR]
by mizuiropinkchan3 | 2010-07-31 21:10 | 音楽 | Comments(7)
近頃、体調の良いときは、少しずつ外出のリハビリを始めています。
車に乗せてもらって食材を買い出かけたり、
夜、涼しくなってから近所のおそば屋さんに歩いてみたり。
ドライブ中は、長くなったり眠くなったりしたら
後部座席に横になり、搬送してもらっている感じですね。
お店の中は、ゆっくり歩きつつ、こまめにベンチで休みます。

9月には電車に乗って、原宿まで出勤するという完全復活を目指しているので、
少しずつね。電車に乗るのはまだ、もう少し先。

そんなわけで、我が家から割と近い「イケア」に連れて行ってもらいました。
(本当は屋上で花火が見たかったのですが、天候悪化で中止でした。残念・・)

ところで、ワタシの妊娠周期は明日で11週目。
12週からは4ヶ月となり、少しずつ安心できる時期に近づいてきました。
妊娠初期の手引き本によると、つわりは今がピークを迎える人が多いらしいです。
その辛さも4ヶ月の終わりには、和らいでくるとか。

最近のワタシの症状としては、夜が結構ツライ。
常にノドが乾きます。
寝ようと、仰向けになると胃が浮いている感じがして、ソワソワ+わずかに吐き気。
横向きになると、胸の辺りが苦しくて、息がしにくい。
ときおり発生する頭痛。そして暑かったり、寒かったり。
「あついよー、いたいよー」だったり、
何だかわけがわからず「うーーー・・」とか言って、
夫にさすってもらったりしていると、楽になってきて、いつの間にか眠っています。
ま、なので、まだ軽い方なんでしょうね。

眠りが浅く、1、2回は目が覚めます。
トイレとか、水を飲んだり、猫たちに声をかけたり、撫でたりして、またすぐ眠ります。

この寝苦しい状態は、体温が高温期をキープしていることも原因らしく、
体温が通常通り低くなってくる4ヶ月の終わりくらいには、ラクになってくるようです。

さて、そんなわけで、初期妊婦の安眠のために、
雑誌等では「抱きまくら」が大きく宣伝されています。
大きな三日月型(バナナ型)で、カバーはピンク色に白色の水玉だったり、お花柄だったり。
先端同士をくっつけて、輪っかにすると、座布団風にもなり、
赤ちゃんが生まれた後にも授乳や赤ちゃんのお座りに重宝するとか。
なるほど。

確かに、横向きのとき、私も丸めたタオルケットやクッションを抱いていると、
息苦しさが消えて、いい塩梅だったなー。
買っちゃおうかなー。
ネットでほんとにここまでクリックしかけて、
うーーーん、なんか、しっくり来ない、かも・・。(デザインの好きずきって、あるからね)

イケアには、気に入るような長い枕とかあるかもね、と気分転換も兼ねて散策。
おーー、これなんかどうかい?長いよね。と最初に見つけた、ワニ。
(キッズゾーンは可愛いデザインが多くて好き)
夫が笑いつつ「抱いてみたら?」と言うので、「そだね」と近くのベッドで抱いてみる。
んー。「ちょっと小さい・・」
よく見ると、ワニとしてもちょっとヘンだし。(楽しんでますけど!)
f0236736_2254380.jpg


ベッドコーナーでたくさんの枕を見たのですが、どれも1人用の普通の枕。
長いクッションもあったのですが、堅いのとカバーの肌触りが、もうひと声。

やっぱり、無いのかなあ。三日月枕、買おうかなあ、と思っていたとき、
大量のぬいぐるみコーナーを発見。
そして見つけたジョーズのぬいぐるみ。
サメだ!かわいい!そして、長い!
f0236736_22533691.jpg


軽く抱いてみると、ちゃんと足で挟むだけの長さがありました。
(身長160センチちょいのワタシの場合)
大きな頭の部分は腕で抱くと、ちょうどいいボリューム。
(上部はある程度の大きさがあることと、あと足で挟めること。これ重要)
子供用のぬいぐるみだから、肌触りも柔らかく、クッションの堅さもちょうどいいゾ。
やった。

ちなみにプライス¥2940。三日月枕は¥5800とかだったなあ。
三日月より安いけど、大人(ていうか34歳)のワタシがこれ買っていいのだろうか、
なーんて急にマトモな考えをしようとしちゃったりして。
夫に「いいんじゃない?」と言われ、
ワタシも「子供が生まれたら、遊べるしね!」とか言っちゃって、購入を決定。
イエローバッグに入れました。
夫も「大漁だー」「フカヒレがはみ出てる」なんて言ったりしてちょっと楽しそう。
f0236736_2253872.jpg


帰りのドライブで早速抱いてみると、うわお、素晴らしい!
柔らかいし、なにしろ、体を持たせかけるとラク!
こういう大きいぬいぐるみを買うのも久々で楽しい。

夫に「せっかくだから、名前を付けたら?」と言われ、なかなか思いつかないワタシ。
「シャ」(シャークだから)「シャフカ」(シャークとフカの合体造語)、などイマイチなのしか
浮かばない。ぴったりした名前って難しいな。
すると彼が「フカ田(ふかだ)」と。
名字じゃないですか!と思いつつ、「ま、いいかもね」ということで、
サメはイコール、フカなのか?という疑問を残しつつも、フカ田に決定。
呼んでみるとすぐ馴染みました。

帰宅して猫たちに見せると、エコーはフカ田の顔を見てびっくりして、飛びすさっていましたが、
そのうち攻撃し始め、慣れたみたい。
f0236736_22564120.jpg

ファズの方は、興味なし。ぷいっ、と。大人なのねー。
f0236736_22565811.jpg


にしても、よかった。望むものがみつかって。
久しぶりの外出も、気持ちよかったな。

フカ田での安眠が実証されたら、また報告します。
それでは、おやすみなさい。
フカ田くん、よろしくね。
[PR]
by mizuiropinkchan3 | 2010-07-29 22:57 | アトム | Comments(6)
今日もアンプの上で、お昼寝のファズ。たまに寝言を言います。「にゃっ!!」とか。
f0236736_2104094.jpg


エコーはピアノの椅子の上。椅子から足を投げ出して寝るのが好き。
f0236736_2122344.jpg

エコーのトイレが良い感じなので、ファズのトイレも同じものに替えることにしました。
ファズのは、夫(の友達)がファズを拾って来た、子猫のときから、ずっと使っているトイレだそう。
ということは10年以上も?すごい。

以前、ファズが拾われたときの様子を聞いたことがあります。
夫の記憶は曖昧でしたが。

11年くらい前、まだ小さな子猫だったファズは、
千葉の稲毛海岸で、虫を食べているところを(!)拾われたのだそうです。
食べるものがなくて虫、だったのか、単に獲物を捕っていただけなのか。

捨てられたのか、野良ちゃんのお母さんから生まれて、稲毛海岸で暮らしていたのか。
いずれにせよ、1人で力強く生きていたようです。

大きさを聞くと、多分、生後2〜3ヶ月くらいだったのかな。
それはそれは可愛かったそうです。(うらやましい!)
ミャーミャーとうるさいくらいに鳴くので、ギターのエフェクターから
FUZZファズと名付けたとのこと。
その時以来、夫とずっと一緒に暮らしています。

小さい頃のファズかあ・・。

想像がつかない。笑。
でも、きっと彼の言うように、可愛かったんだろうな。
今も高飛車でステキだけどね!
写真が一枚でも残っていないものかと聞いてみましたが、残念ながらありませんでした。

当時から、トイレはすぐに覚えたそうです。

そんなこんなで、大きくなったファズはトイレで苦労したことはありません。
(どこに移動してもトイレ砂があるところで、ちゃんとする)

さてさて、この真新しいウッドチップとトレーのドームでしてくれるかなあ。
ファズのトイレがあった同じ場所に、新トイレを置いて、念のため、近くに旧トイレを置きました。

ちなみに、現在、あまりの暑さにエコーのベッド、おもちゃ箱、
エサの箱(相変わらずファズが食べちゃうから)トイレも1Fに移動しています。
エコーゾーンはこんな感じ。
f0236736_21232158.jpg

おもちゃ箱の中にはたくさんのガラクタ(ぬいぐるみ、紙くずとか、ペットボトルのキャップ)。
その日にお気に入りを、くわえて持ち出して、猛烈に転がして遊んでいます。

「なんですか?」
f0236736_21235972.jpg

起きるとこんな風にタテに伸びー。
f0236736_21241042.jpg


というわけで、「ニャンとも清潔トイレ」が2台、並ぶことになりました。
ファズのがアイボリー、エコーのがブラウン。
f0236736_211777.jpg

まずは、ファズ使ってくれるかということ、
そして、エコーがファズのを使わないで、自分のを使ってくれるかということ。
(たぶん、ファズはエコーのは使わない)

さてどうなることかとちらちら見ていたら、
まず、若さのエコーが好奇心丸出しでアイボリーの中へ。
うん、それは、しょうがないか。君はなんでも気になるもんね。
無理矢理追い出すのもなあ、と放っておいたら、そのまま排泄!小!
ありゃーー。
まあ、このシステム、においが残らないで下のマットに通過するからいいか。。。
トイレ、共有も考えなきゃなのかねえ、なんて夫と話す。

でも、そのあとファズが、すんなり新トイレ(アイボリー)で排泄!小!をした様子。
(トレーでチェックできます)
やった!えらいー。ファズー。
ブラッシングして、褒めてあげます。

さらに、次の日。
アイボリーの方に排泄!大!発見。ファズのですね。明らかにこれは。
わーーーい。
旧トイレは使っていませんでした。
いや、えらいわー。ファズ!イイコ、イイコ。

そしてエコー。これまで通り、自分のブラウンの方で排泄大!
エコーもえらい!

本日、無事にファズの旧トイレを片付けることができ、私達もハッピー。
(夏になるといくら砂を替えても、トレーを洗ってもにおいが気になっちゃってたんです)
旧トイレさんもおつかれさまでした。

そんなわけで、教える必要もなく、ちゃんとそれぞれのを使うことができました。
猫さんのこのトイレの習慣ってほんとにすごいなあ。
尊敬しちゃいます。

次なるは、エサ問題だな。
実はこの二匹、お互いのエサを食べちゃうんです。。
これまでは、ファズがエコーのを食べることを防げばよかったんですが、
なんとエコーまでファズのを食べちゃうことが発覚!

しかもエコーが食べている時、ファズは見ているだけで、全然怒らないんですよ。
いつもエコーが近づくだけで、シャーシャー怒るのにな。

そして、エコーのエサ箱作戦。
これまでは、穴が小さいからファズは入れなかったはずなのに、
本日、ファズが体をちょーー細く低くして、一生懸命ズリズリ入って食べているのを発見。。
愕然としてしまいました。すごい執着心。
しかもそのとき、エコーは傍らにちょこんと座って、それを見ていました。
おーい。いいのかそれで。

沢山の猫ちゃんを飼っている皆さん、どうしていらっしゃるんでしょう。
同じエサだったらまだいいんですが、エコーはまだ幼猫用を食べる必要があるし、
ファズは年中無休で絶賛ダイエット中。
高級なダイエットフードを食べているのです。

あれかな、エコー、ファズが、一度に食べきれる分だけ、ちょーっとずつあげる方式ですかね。
結構、手間がかかりますねえ。
ま、でも、やってみよう。

私達のエサ。笑。デザートの果物はスイカ。
スイカって美味しいねえ。
f0236736_21262991.jpg

[PR]
by mizuiropinkchan3 | 2010-07-27 21:17 | ファズ | Comments(0)
スイカの箱に入るエコー。母から送られて来た荷物が入っていたもの。
f0236736_17575186.jpg

それはそれは、もー喜んで入っています。
中の緩衝剤のわしゃわしゃした紙もたまらない様子。

大興奮の様子を、ファズは傍らで見ていたのですが、
ちょっとエコーがリビングを離れると、ここぞとばかりに入りました。
f0236736_17583884.jpg

ファズだって、筋金入りの猫だものね。
箱を見たら入らずにはいられないよね。

すると、エコーがまたやってきて、「我も我も」と。
箱の中のファズに手を出します。
ほっといてあげればいいのにねえ。
f0236736_1759234.jpg

箱の持ち穴部分から、手を入れるエコー。
穴から覗いたりして。
中から猫パンチで闘うファズ。
f0236736_1759248.jpg

ちょっとヒヤヒヤするけど、相変わらず流血はしてないから、大丈夫かなあ。

更に宅配物が届いて、また箱ができました。

まず入るのは、やはりエコー。
小さい箱だから、体がすっぽり収まって、楽しそうだねえ。
ジャーンプして出たり、入ったりを、何十回も繰り返す子猫。
f0236736_1839592.jpg


入る時、前足と頭の方から、スルっと入るのですが、
これが、水泳選手が台から飛び込むときのように、スッとキレイに入るんですよね。
体のバネが利いていて、美しい。
猫ってきれいだなあ、と思う瞬間。
f0236736_18402248.jpg

f0236736_18403445.jpg

で、やっぱりファズも、入りたい。
箱が大小二つあったので、それぞれに、と分けたんですよ。

ファズ隙をみて、入る。
ちょっかいを出すエコー。。
しょーーがないなー。このコは。
f0236736_18405482.jpg


エコー、しばしの間は、小さい箱に入ってたんですけど、
どうしてもファズの方に行きたがる。好きなのね、ファズが。
f0236736_18443950.jpg


でもファズは嫌がって、最後はあきらめちゃった。
ファズにも、箱でどっぷり遊ばせてあげたいねー。
[PR]
母が果物を送ってくれました。
サクランボの「コルト佐藤錦」、スグリ、ブルーベリー。
エコーがチェックしにきました。
f0236736_19201918.jpg

サクランボは、甘くて濃くて高級な感じのお味。
美味しいです。

ブルーベリーとスグリ。
不揃いの形や色が、なんとも自然な感じで、ときめくなあ。
f0236736_19203463.jpg

スグリ、初めて食べました。
水風船みたいに、皮に模様が入っていて、中身が透けて見える。
とってもキレイ。
味は・・。酸っぱいです。大きいものはもう少し甘い。
酸っぱい果物が苦手な夫は、1粒、いや半粒でダウン。。こらこら。
まあ、たくさん食べる感じじゃないけどね。
ビタミン、ビタミン。

夫が食べる前に、不審がって(食べれるって!)検索すると、
クロスグリの方は、「カシス」だそうです。
これは、フサスグリの中のシロスグリの方かな?
イマイチよくわかりませんが。

最近の母からの葉書に貼ってある切手さんたち。
コウノトリもありました。笑。
f0236736_19211090.jpg


そして、一番下の妹と彼氏からはバクの葉書が届きました。(3姉妹、ワタシは長女)
すごい可愛い!
木彫りのバクの写真ですね。これ。
f0236736_19213668.jpg

ちょっと前に夫がスイスでモントルーに出ている時に、
ワタシが夢を見て夜中の3時に起きた時、
彼女も悪夢でうなされ、同じく3時に目が覚めたとのこと。
「テレパシー的な、同時多発的な、何とも言われぬ気持ちになり」
お手紙を描いてくれたのだそう。

「良い悪い、どちらの夢も食べとくれ!」というわけだそうで、バクの葉書。
わはは。面白いなあ、相変わらず。ナイス妹。

彼が可愛がっている(飼っている)エビには、
稚エビが生まれたそうで、エビの絵も描いてありました。嬉しいね。笑。
なんとなく、今のワタシ、周りで何が生まれても、笑顔になっちゃうのね。
f0236736_21115438.jpg

f0236736_1922225.jpg


ワタシの方は、今日産科に行き、体重、血液、血圧、尿検査などの初妊婦検診。
これらの結果を母子手帳に記入するんですね。
いよいよ母子手帳の出番かー。
これまでと同じ、超音波で子宮の赤ちゃんを見る検査の他に、
血糖値(妊娠糖尿病を防ぐために)、高血圧の予防、貧血の場合は鉄剤を処方されるとか、
そういうのですね。

尿検査は問題なかったのですが、血圧がいつもより高かった。標準の範囲内でしたが。
何度か計り直しました。「ゆっくり深呼吸してくださいねー」と言われながら。
あのー、ドキドキしちゃうんですよ。
「今日はアトム大丈夫かなあ?大きくなってるかなあ」とか、
診察を待っている間に緊張しちゃって。。
案外、気が小さい。
でも、しょーがないですよー。まだ安心できない時期だから。

看護士さんには「産婦人科って慣れるまで時間かかるものね」と笑われました。

血液検査では、トキソプラズマ症についても調べます。
これは、猫から感染すると言われている病気で、流産へは結びつかないのですが、
妊娠初期に感染すると、赤ちゃんに影響が出る場合も、ごくごく稀にあるというもの。
さきほど笑った看護士さんによると「ほっとんど心配ないけどね」とのこと。
これらの血液検査の結果は後日。次回4週間目に聞きます。

先生からは
「体重の管理が一番重要だよ。1ヶ月に1kgの増加で、増えても10kgまでね!
結構難しいから、がんばって。
10kg以上増えると、難産の割合が高くなると言われているからね」と。

はーい。(この体重制限は産科によって、大きく指導が違うみたいです)

アトムの様子。超音波写真です。上が頭ね。
(こういうの、ちょっと怖い方、ごめんなさいね・・)
f0236736_19224778.jpg

少し大きくなってました。27ミリ。手足が出てきました!
こりゃ人間だわ。頭おっきいんだなあ!
でも今はまだ、クマのぬいぐるみ(耳がない)みたいだね、と夫と話しました。
というより、ちょっと・・土偶・・っぽい?

27ミリというのは、写真の+と+を結んだ、
頭から足の付け根までのキョリ=頭殿長(とうでんちょう)を計測したもの。
この大きさをチェックし、現在の妊娠周期、出産予定日を割り出すのだそう。
ちなみに周囲の黒いのは、胎嚢(たいのう=あかちゃんを包む袋)。
その結果、出産予定日が一日早まり、2月18日になりました。
へー。
周期は10週目に入ったところ。3ヶ月の真ん中。

これから、胎盤が徐々にできあがって、
母胎とつながって臍帯から栄養や酸素を受け取れるようになって、
やっと「安定期」とよばれる時期に入ります。
(つまり今は、まだ赤ちゃんは、体の中で独立した状態、なのですね)
それが大体、15週(4ヶ月の終わり)とかそのへん。

まずはそこまで、なんとかがんばってー、アトム。
[PR]
by mizuiropinkchan3 | 2010-07-23 19:22 | その他 | Comments(3)
体の調子の良いときを見つけて、新居の照明設計を進めています。
するとエコーが、どこからかやってきて、
消しゴム、チビサン(小さい三角スケール)、鉛筆に反応してじゃれてきます。
これじゃあ、進まなーい!
f0236736_11511260.jpg

鉛筆はかじるし、小物は手で落とすしで、
しょうがないので、消しゴムなどの小さいものは、常にポケットに入れて、
使う瞬間に出す、という方法でなんとかやっています。
f0236736_1151351.jpg

他のペンを与えると、一瞬そっちに行くのですが、
やはりワタシが描いている鉛筆やペンが気になるらしく、すぐ戻って来ちゃう。


午後の昼寝の場所は、窓際のカーテンとカーテンの間。
のぞくと、「なんですか?」とゴロンとしています。
f0236736_11515189.jpg

いえーい(特に意味なし)。
f0236736_11521982.jpg

ファズはいつも通りテーブルの上。
f0236736_11523848.jpg

カメラ向けると、すぐ気づいて目を覚ましちゃうのね。
f0236736_11525274.jpg


夜、夫に「果物が食べたいです」と買い物を頼みました。
ドーナツやらいろいろ嬉しいものの中に、なんだかもの凄い形相の果物が。

「なんだと思う?」
「・・・わかんない。手榴弾みたいね・・」(もしくはホヤ)
f0236736_11532689.jpg

正解はドラゴンフルーツでした。
まーちゃんから借りたマンガ「ひまわりっ」で何度も出てくるドラゴンちゃん。
こういう果実だったのか。。

半分に切ると、こんな中身。開いてみると、あら、かわいい。
f0236736_11543471.jpg


食べると、んんん?どんな味か表現しにくい。
ほんのり甘くて、酸味はなし、さっぱりして、美味しいです。
種はゴマのようで楽しい食感。
スイスイすくえて、皮の近くまで食べやすい。
f0236736_1155315.jpg


内側の皮は目が覚めるようなショッキングピンク。
f0236736_1156299.jpg


夫は「キウイに似てる?」と言っていましたが、何と近いのかしら。
「にしても、すごい表面だね、心臓みたい・・」
おおよそ日本らしくない、派手な外観。
テンション高いですね。
本場のものはもっと味が濃いのかな?と言いながら食べました。

ちょっとつわりがキツかった夜、
楽しい出来事を作ってもらって、少し気持ちが和らぎました。
[PR]
エコーを2度目の三種混合ワクチンの接種のために、病院に連れて行きました。
f0236736_18211854.jpg


4月にもらってきて、生後2週間だった子猫も、生後3ヶ月と2週間。
(おなかの中のアトムと同じくらいの月齢か。まだ生まれてないけど)
まだ3ヶ月しか経ってないのに、こんなに大きくなるんだねー。
動物の成長は、早い。
(昨日「グーグーだって猫である」を観て、泣きっぱなしだったワタシ)
病院に連れてくるたび、その成長をひしひしと感じます。

今日のドライブは、鳴いてたねー。
大きな声でニャーニャー。
前までは鳴かなかったけど、知恵がついたのかな。
車に違和感があるのだね。
f0236736_18173754.jpg


病院では大人しい子猫。緊張してる。
「落ちないように見ててくださいね」と言われ、一応手を添えますが、
動き回る様子もなく、しずかーにしています。
f0236736_1818615.jpg

いつもの先生に診てもらいました。
先生がエコーの鼻先に顔を近づけると、
エコーも近づいて、クンクンとご挨拶、なのかな?
おなかを手で包んで
「大きくなったねー!お肉もしっかりついてきて、いいねー」
体重は1.8Kgです。

「それじゃあ」とおしりの辺りにワクチンの注射。
鳴くか?と思い、大人3人で撫でながら「大丈夫だよー。すぐだよー」
f0236736_18185697.jpg

お?鳴かない。暴れない。固まっているのかな。「はい、終わりー」
ワタシも「偉かったねー。男らしくなったねー」などとほめて、頭や体を撫でます。

先生が注射部分を揉んで「がんばったねー」と言いながら、
ふと、エコーのシッポを持ち上げて、お尻の辺りをチェックしています。
頭も触っています。
f0236736_18193996.jpg


ずいぶん、注意深く診ているので「ノミかな・・」と思っていると。

「あれ〜??エコーちゃん、女の子だーー」
思わず私達「えっっ?!」

「本当ですか?」
「ええ。タマタマがないですねえ」
と、エコーのシッポを上げ、見せて説明する先生。

オスの猫ちゃんを、詳しく見たことがないワタシたち、
どんなモノが「タマタマ」なのか(こんな時しか書けないですね。笑)
正直よくわからないのですが、
ソレ的なモノが無いと言われると無い、ですね。はい。

「男のコだと、顔とか頭のあたりが角張って来たりするんですけど、
なんか、エコーちゃん、違うかなあ、と思ってはいたんですけど」とも。
へえー。そういうのあるんですね。骨格かー。

しかし、これまで男のコと思っていたエコーが、女のコだったとは!
(さっき、「男らしい」とか言っちゃった!)
なんとなんと。
夫も「衝撃ですね・・」と笑っています。

「子猫ちゃんて本当にわかりにくいんですよ」と。
オスの場合、後から袋とタマタマが降りてくるんです。
と前におっしゃっていたので、判別できる時期になってきても、降りてこなかった、
というか、メスだった、ということですね。

「お名前は、エコーちゃんのままで大丈夫ですね?」と先生。
「はい!」と自信を持ってお返事。

エコーというのは、もともと性別がわかる前に、夫が考えてくれた名前
ワタシは「ミミヲ」って呼んでたんですが(性別もわからないくせに。笑)
もしそのまま行ってたら、どうすることになっていたのでしょうね。
「ミミコ」?いや、「ミミ」かね。
ティムプーのMimiさんと同じになっちゃうね。
「ミミ美(みみみ)」いやいやいや。
そんな妄想は置いといて。と。

語源のギリシア神話の妖精エコーも女性ですし、
まあ、とにかくエコーはメスで、名前も問題なし!

興奮冷めやらぬなか、先生がエコーの口を開けて、歯を診ています。
「1本大人の歯が生えてきてるね。4〜8ヶ月の間に全部永久歯に生え変わると思います」
うん、奥の方にひとつだけ、尖っていない歯を発見。

「歯は、抜けたらその辺に落ちているものなんですか?」と尋ねると
「小さいので見つけるのは難しいと思います。
大抵飲み込んじゃったりします。まあ、カルシウムですから」とのこと。

避妊手術について聞くと
「8月に入ったら、いつでも出来ます。
ただ、女の子は1日預かることになっちゃいます。
男の子だとお腹を切ったりするわけではないので、
朝お預かりして、夕方お返しできるんですけど(クリーニングみたいね)
女の子はそうもいかないので、次の日、ちゃんと排泄できるか、調子を確認して、
お返しになります。ごめんなさいね」とのこと。

ごめんなさいね、と言ってくれる先生に、二人とも「いえいえ」となんだか恐縮。
ファズの手術の時も、何日か預かってもらってたもんね。
手術でファズが不在だったときの、夫の元気のなさといったら、
笑っちゃうほどだったなあ。

待合室にいくと、エコーより3週間くらい小さいであろう
エリザベスカラーをつけたキジトラの子猫ちゃんが、
若いご夫婦と一緒に、大人しく待っていました。
エリザベスカラーは猫が自分で体を舐めたりしないよう、
首につける、パラボラアンテナみたいな形状のもの。

「かわいいですねー!小さいー」と思わず声をかけると、
「捨てられたのか、2日前に保護したんです。でもシッポが・・・」と。
見せてもらうと、シッポの先半分くらい、
毛が全くなくて、皮膚が真っ赤に露出された状態になっていました。
「事故か何かわからないんですけど」と。
ああ・・。。痛そう。
「かわいそうでしたね・・保護してもらってよかったね。でも、元気そうですね?」と聞くと
「もう、走り回って大変です」とニッコリ。

「うちはもう少しだけ大きいくらいです」とカバンからだして見せると
「君もかわいいねえ!」となでなでされ、エコーもなんとなく嬉しそう。
「お名前はなんて言うのですか」「エコーです」
逆に「お名前は?」と聞くと「付けてないんです。うち、ハムスターを2匹飼っていて。。
飼えればいいんですけど。。すでに、何度かこのコに狙われちゃって。
だから、治ったら里親を探さなくちゃいけないんです」

そっかー、大変ですね。それはそうですよねえ。。
もう、ハムスターくんなんて見たら、狩猟本能がウズウズしちゃって、手を出すでしょうねえ。
ハムくんだって怖いだろうし、猫だって狩れなくてストレスになっちゃうかもしれない。

「お大事にー」と挨拶して、ファズとエコーのフロントラインを購入して、さー、帰ろう!
(実は、まだいたんです・・・・ノミくんが・・。駆除しきれてなかったみたい)

帰りは、撫でていると、緊張疲れかバッグの中で眠そうなエコー。

家に帰って、毛繕い中のファズにサクっとフロントラインして、
エコーはメスだったよ、と報告。
もちろんファズはニャニッ!?と驚くわけもなく。
f0236736_1823171.jpg


「メス同士、仲良くしてやってー」と一応、お願い。
f0236736_18234257.jpg

ファズはもうわかっていたかもね。と二人で話しましたが、どうなのかな?
まだ発情期前だったけど、匂いとかフェロモンとかそういうので、わかったりするのかしら。

ワタシたちは「おーい、女のコのエコー」とわざわざ呼んでみたりして、
その度に、なんだか不思議に楽しい気持ち。
女のコなんだ、と思うだけで、エコーがちょっとだけ可憐に見えたりして、
おかしなものですね。

改めまして「女のコのエコー」です。これからもどうぞよろしく。
f0236736_18245532.jpg


「にしても、女のコかー。我が家、女ばっかだね」と笑う夫。
ふふ、そうね。
これでもしアトムが女の子だったら、ますます少数派だね。
なんて、これも楽しい想像。
[PR]
夏休みを終えた子供のように日焼けして、
夫がチーズの香りと共に帰って来ました。

エコーは玄関が開くと、猛ダッシュで玄関へ。
そしてまたトランクに入ったり、のぼったり。
f0236736_10465885.jpg

f0236736_20555525.jpg


夫のことは、ちょっとだけ忘れちゃった感じ?笑。
でもすぐ思い出したみたいで、ミャーミャー鳴いて、すり寄っていきました。

ファズはすぐに、ころん、と寝転んでゴロゴロ甘えています。
ブラッシングしてもらって、ゴキゲン。
f0236736_20564294.jpg


チーズの匂いは、ホントにトランクから沢山のチーズが出て来て、納得。
早速一切れ、カマンベールかな?
切ってもらったら、とっても美味でした!
スイスのチーズの味!

スイスのオモシロTシャツや、
クレーのはがきをもらいました。
f0236736_20571331.jpg

パウル・クレーの美術館に行ったそうです。
http://tkng.blog.shinobi.jp/#277
f0236736_21141184.jpg


私も去年ひとりで、ノープランで行ったら、閉館日で・・。
7月下旬だったのですが、クレーセンターの背後に広がる
広大なひまわり畑だけをみて、すっごく感動して帰って来たのです。
それを思い出すおみやげも。
f0236736_11233910.jpg

葉書サイズの封筒、ちょっとふくらんでいたので、振ると、
シャカシャカと小粒の何かが、揺れる音。
中身はひまわりの種でした!わあ!
新居が完成したら、庭に埋めよう。

モントルーのライブはとても盛り上がったと聞いて、あー、良かったあ!

彼の手首にふと、フジロック帰りの人のようなパスを発見。
モントルーのパスを、付けたまま飛行機に乗って帰って来ちゃったのね。
「ハサミが無くて・・」と。笑。
ライブが終わってその足で、帰国したようなもので、大忙しだったのですね。
本当にお疲れさまでした。
f0236736_10571872.jpg

ちなみにこれは、出演者のパスではなく、
ティムプーと同じ時間に別のホールでライブをしていた
エルヴィス・コステロ(ああー、いいなあ!!コステロ大好き)
のライブに入ることのできるパスだったそう。

出演者はどれか一つ、有料ライブを観ることができるそうで、
時間が合えばと思っていたのだけど、やはりタイムテーブルが重なっており、
観ることができなかったとのこと。
にしても、出演者なのにどれか一つしか観れないなんて、ちょっとケチンボ。

それと、出演者がもらえる黒いTシャツに、
でかでかとついているキャラクターのデザインが、
あんまりにあんまりで、笑えました。
Mimiさんも、モントルーに出ることが決まって、最初の頃ワタシに
「キャラクターがヒドいんだよ・・」と、こぼしていたっけ。ははは。
このコです。ごめん、か、かわいく、、ない。。
f0236736_1111870.jpg

誰かえらい人がチェックして
「セ・ボン!」(いいね!だよね?フランス語で。モントルーはフランス語圏)
と言って決まったわけですよね。ふむー。
f0236736_11111754.jpg


そんなわけで、彼も無事、帰国しました。
夫が不在の間、食事を作りに来てくれた友だち、家族のみんな
連絡をちょくちょくくれて、ありがとう!心強かったです。

アトムは、8週目(3ヶ月)に入り、2.3センチになりました。
心拍も滞りなく、順調に育ってくれています!
この間は、手が生えているのを見ることができました。
わお。
[PR]
by mizuiropinkchan3 | 2010-07-17 18:57 | 音楽 | Comments(2)
猫たちがめずらしく二匹とも玄関にいます。
夫が帰ってくるのを玄関で待っているのかい?
帰ってくるのは夜ですよ。
f0236736_13552012.jpg

そうじゃないね。きっとただ、涼しいのでしょう。
これ、ご主人様を待つ態度じゃないもの。
もっと暑くなると、ファズなんかは、土間(靴をぬぐところ)でごろりとしています。

相変わらず写真キライのファズ。
f0236736_13554086.jpg

伸びるエコー。
f0236736_13555698.jpg

でも、帰ってくると、きっと走って玄関まで行くんだよね。


ところでエコー、幼い頃から使っているピンクの布がベッドなんですが、
時々この布をチューチュー吸います。
両手で、ぎゅ、ぎゅと押しながら。
これって、あれですよね。
お母さん猫とかにするやつ。
こんな感じで、つっぷして。
f0236736_13565136.jpg

f0236736_13563790.jpg

ちゅーちゅーをやっているときは、撫でても、何をしてもそっちに夢中です。
それをみていると、ちょっと切ない。まだ子猫なんだなー。と思って。
私達にやってくれてもいいのにな。
大人猫でもちゅーちゅーするのかな。ファズはしないけれど。

顔は大人びてきました。
f0236736_13575491.jpg


ワタシのほうは、小さな笑い事が。
ポストを見るついでに、ちょっとだけ外を歩いてみようかな、と思い、
2週間ぶりに、外を歩きました。
あんまり、久々って感じもしないなあ、なんて思いつつ、
家のすぐ近くをゆーっくりゆっくり、足元に気をつけながら歩いていたら、
向こうから、50代くらいのおばさまが、歩いてきました。

こちら方向に向かっている?
なんだろう?と思いつつ素通りしようとしたら、
ニコニコで「これ、よろしかったらお読みになって下さい」と。
差し出された冊子には「幸福の光を貴方に」という文字が。

これはこれは、宗教さんじゃないですか!
ひっさびさに外に出て、最初に出会った人が、勧誘さんとは。

いえ、ワタシいま、十分に幸福ですから!

とは言えず「・・・すみません・・」とペコリとして、お断りしたら
ニコニコを継続したまま「そうですか」と、
あちらさんもペコリとして、去っていきました。

ありゃー。
少しだけ歩いてすぐ家に戻り、なんだか笑ってしまいました。
きっと、こんな平日の昼間に、働き盛りの女性が1人で、
Tシャツ、半ズボンで(しかもすっぴん)希望もなくトボトボと下を向いて
歩いているように見えたんでしょう。

もともと、この近辺、わりと宗教勧誘さんが多くて、
ちょっと前も、若い男性30代くらいの二人組が、休日に「エ◯バの証人の者ですが」
とやはりニコニコで玄関ベルを鳴らしたりするんですね。

「申し訳ありませんが・・」というと、やはりニコニコで「そうですか・・」と
あっさりお帰りになるんですが。

元気になったら、もっと颯爽と歩こう。
なんていうか、そういうことに気づかせてくれて、ありがとう、勧誘さん。
[PR]
猫たちの水鉢から、パシャ、パシャ、という小さな音が聞こえるので、
なんですか?と見たら。
f0236736_10303658.jpg

アルパカが、水面に浮かんでいました。。
f0236736_1031132.jpg

エコーが傍らで、アルパカに手を伸ばしています。
おうい!

このアルパカは去年、母とペルー・マチュピチュの旅に行った時に買ったもの。
ホテルに来ていた、現地の人から買ったモノなんだよー。
日本円にすると1個50円とかそんなだと思いましたが、
不思議な可愛さがあって、飾っておいたのです。
エコーめ。
エコーは、高いところから小物を落として、
おもちゃとして遊ぶのが好きです。
最近高いところまで登れるようになってしまったので、置いておけないなあ。
ファズは、落としたり、倒したりしません。

テーブルの上で乾かす。
f0236736_10312748.jpg

ファズとアルパカ。
f0236736_1031498.jpg


ペルーの話が出たので、旅行中に期間限定で記録したペルー日記のご紹介。
9日間の旅の模様を、かなり乱筆で書いてます。
ペルー、ナスカの地上絵、マチュピチュ遺跡などの世界遺産に興味のある方は
よろしければどうぞ、です。

「ペルーに行くよ。」
http://peruletter.exblog.jp/
f0236736_10344986.jpg
f0236736_10343815.jpg


そういえば。
Tim & Puma Mimiや夫のモントルージャズフェスティバル、
もうじき終わった頃かな。
どうだったかなあ!

夫が明日、日本に帰ってくるー!と考えたりしていたせいもあってか、
昨晩、モントルー関連の夢を見ました。(あくまで関連)

なぜかライブ直前(3時間くらい前という設定)にMimiさんがワタシと一緒に家にいて、
自分たちのライブセットを見直したり、
今日はこういう感じでやるんだー、って教てくれたりして、
ワタシも「へー、いいねえ!ゴージャスだね」なんて。
(なぜか20人くらいのダンサーとかホーン隊、男性のMCもいた。笑。)
youtubeを見たりしていているので、
「ねえ、ライブの時間、大丈夫?」と聞いたら、
「大丈夫。Timさんたち(夫含む)が迎えにくるから」と。
彼らが先に準備をしている、とのこと。
で、「スタッフパスあるから、渡しておくよー。」
というので、「あ、アタシも見に行けるんだ!」て喜んでるんだけど、
あれ?今ここどこだっけ?
今からスイスに飛行機で行って間に合うのか??てか、ここ日本だよね。

夢なのかーー???これは。

って思っていたら、目が覚めました。

なんだよー、自分!な、夜中の三時。
なんか、しょーもない。。笑。
夢の中でずっと、Mimiさんの余裕っぷりが、逆に心配だったな。はは。

現実はきっと盛り上がったことでしょう。
夫の土産話を楽しみにしていよう。
[PR]
←menu