2013年 11月 22日 ( 1 )

絵本を読んでいて初めて、字を認識しました。
記念すべき一文字目は

「の」!

えーと、現在2歳9ヶ月。
(なんとなく近頃、どの月齢で何が出来た、とか気にしなくなって来たのですが、一応ね。備忘録)

f0236736_850354.jpg


「ありこちゃんのおてつだい」という、大人にとってもすごく面白い絵本。
知らなかった驚くべきアリの生態が描かれてます。

きっかけは、もう何日か前のこと。
一緒に絵を描いていると
アトムのぐるんと描いた丸がゆがんで
「の」になっていました。
「の、書けたね」というと「なにが?」というアトムに
別の本で「の」を見せたことがありました。

もっと遡ると、2歳になったあたりから絵本のタイトルを指でなぞりながら
「ありこちゃんのおてつだい!」とか
読んでる風な動作をしていましたな。
その時から、「お母さん達はこの部分を読んでいるんだろうな」ということはわかっているんだよね。

それで昨晩、読みながらなんとなく
「の、がいっぱいあるね」と指差すと
「これも『の』!」と自分から探して指差すようになりました。

ページを繰って「この中にもあるかな?」と聞くと、
「これも!」といって指したのは「あ」。

ははは。かわいいのう。

こうやって少しずつ少しずつ、文字を覚えて行くんだね。

これからも、興味がありそうかな、と思ったら何気なくアトムの行きたい方向に寄り添って行ければいいな、と思います。

にしても、「の」という図を「の」だと思う瞬間って、こういう感じなんだね。
きっと次の段階では日本語の中で使う「の」の役割を知って行くんだろうね。
まあ、もう意識せずとも使いこなしてはいるけれどね。


f0236736_850340.jpg

f0236736_850425.jpg

f0236736_850447.jpg

f0236736_850576.jpg

f0236736_850525.jpg

[PR]
by mizuiropinkchan3 | 2013-11-22 08:40 | アトム | Comments(0)
←menu