人気ブログランキング |

2010年 04月 11日 ( 9 )

ある個体の大きさを、わかりやすく認識してもらうために、隣に置くもの。

ベスト1はタバコ、でしょうか。
いまの時代はわかりませんが。
我が家は残念ながらタバコを吸わないので、何を置こうか。

結論としては、メガネ。
そう、メガネをちょっと大きくしたくらいなんですよ。
ていうか、大きいメガネくらい。

って、大きいメガネって言っちゃったら
大きいタバコ、とか、大きい携帯電話とか、
そんなオリジナルな寸法、わけわかんなくなっちゃいますね。

そういえば、キティちゃん、ているじゃないですか。ハローキティ。
あの子の体重は「りんご1個分」て何かで読んだことあります。
それを知ったとき、キティちゃんて、そんな小さいのー??って思った記憶がありますが、
エコーを目の前にすると、確かに小さいんだろうな、と想像可能。
でも、エコーの方が断然小さい。
「KITTYキティ」って「子猫」って意味だと思うんですが、
キティちゃんは結構大人な子猫(生後2ヶ月以上の子猫)なのかもしれないなー、
と考えてみたり。

ともあれ、メガネとエコー。
f0236736_23135953.jpg



本日の体重、185g。
料理用の計りにティッシュの箱の上面を取り除いたものに入れて、計量。
f0236736_2315256.jpg

子猫の健康管理は体重計測が基本だそうです。
もらって来た日より増えてます。いいぞー。
健康体なら一日10gぐらいずつ増えていくらしい。
ちなみに185と言う数字は卵3個分(Mサイズ)より、ちょっと軽いくらい。
(計ってみました。)
わかりにくい?
じゃあ、バナナ1本分。結構立派なやつ。(これも計ってみました)
それくらいです。

写真はそれ以外の、「何か」とエコー。
ハロは、ちゃんとガンダムに出てくるやつの原寸大です。確か。
ってアニメじゃん。
わかんないって(笑)。ね。

f0236736_231414100.jpg
f0236736_23144929.jpg
f0236736_232043.jpg
f0236736_23251265.jpg

どうしても、大猫ファズと子猫エコーのツーショットが撮りたくて。

ソファで寝ているファズの横に、ちょっとだけ置いてみる。

かなり距離を取って置いたのに、
エコーの方は、ファズの方に向かって、ノコノコ颯爽と歩いて行きます!
ファズの方は、びっくりして威嚇する間もなく、でも明らかに警戒し
姿勢を低くして顔を近づけてきました。

わーわー、近づき過ぎー!ファズの逆鱗3秒前!でも、撮る!
パシャッ、っと。

f0236736_22403494.jpg


ハイ、そこまでーー!!

その間、2秒(おそらく)。

現在の二人の対面は、これが限度でしょう。

和みのワンショットに見えますねー。
でも、バリバリの緊張感の渦なんですよー。

会わせちゃダメっていわれているのにねえ。
飼い主のエゴです。スミマセン。。

でも、期待以上に大小の比較ができて楽しかったな、っと。
f0236736_4114638.jpg
f0236736_4115988.jpg
f0236736_4121268.jpg
f0236736_4122531.jpg

子猫の名前が決まりました。

「ミミヲ」と呼んでいた私の横暴に、夫が焦りを感じたのか(笑)、
バンドの練習先からメールが。

「猫の名前は、やはり、「エコー」がいい件についてー」
(ひまわりっ、面白いよね!)

一匹はfuzzファズ、もう一匹も音楽関係から付けたいと、言っていた彼。
昨夜「エコー」はどうかな?と打診を受けていたものの、
「ほー、ecoエコですかー」って言われちゃうよー。
今の時代には、ちょっとなあ、などと、ブツブツ言っていた私ですが、
OKでーす。
エコーでいいです。

なぜか。

名前とか、割となぁんでもいいやーって思えてくる程、可愛いからです!
正直な気持ち。
ははは。

そういうわけで、「エコー」です。

我が輩は「エコー」である。
意味はない。
(無いのだそうです。あらー。。苦笑)

写真は「エコー札」の前で猛ダッシュして逃げるエコー。
嫌なのか?
名前が。(いじわる妻)

P.S ちなみに彼のアイディアには「トレモロ」というのもありました。
「トレモロー」と呼んでみたら呼びにくかったので
二人とも「無いねー」ということで、なし。
だし、トレモロって。笑。
f0236736_3362431.jpg

9月10日 AM5:30

明け方、夫ががばっと飛び起きました。
ビックリして私も目が覚め、「どうしたの?」と聞くと、
「(段ボールから)カリカリ音がした!」と。

普段から彼は、なんと携帯電話のバイブ音を目覚ましにできるタイプの
音敏感人間なので、子猫の様子にすぐ気づいたようです。

箱を開けると、ミミヲが目を覚まし、私たちの方を見上げて鳴いています。
大の方を、段ボールの中に自分で排泄していました。
エライ。
夫がさっと片付けてくれます。
エライ。

「ご飯かな」と、昨夜の残りが入った皿を出すと、
ものすごい勢いで食べ始めました。
粉ミルクも溶いて急いで皿に入れます。
ミルクもごくごく飲みます。

二人とも変な時間に目が覚めつつも、
明け方の薄明かりと子猫のおかげで、ぼーっと幸せな気持ちで、世話をしました。

小の排泄は、また上手くできませんでした。。

少しだけ、ベッドに乗せて遊んでみました。
温かい場所に潜りたいようで、夫の首の当たりに潜って行きます。
耳をかじったり吸ったりしています。
お母さんのお乳を探しているんだねー。。
かわいいけど、かわいそうだなあ。

そんな幸せ時間を過ごしていると、ファズの事が気になります。
彼女はもともと私たちの寝室で寝るタイプではありませんが、
早朝に扉をガリガリとやって、わざわざ起こしにきたりすることがあります。

「ファズにちょーっとだけ見せてみようか?」
そこで、襖を少し開けたら、ファズがフツーにトコトコと入ってきました。

f0236736_3371445.jpg

が!
体が半分部屋に入った所で、ハッと止まり、
「コノ部屋は変だ!」と察してキョロキョロした後、
f0236736_3372934.jpg

ミミヲを見つけて、カッと目を見開きました。
f0236736_3374343.jpg


一歩二歩と近づいて来たので、
私たちが一瞬「お!これは、大丈夫かも??」と思ったが早いか、
「シャーーーー!!」
と、もの凄い形相で、牙をむき、一声、威嚇してしまいました。

その顔はもう、それは恐ろしく、般若のようでした。
いや、ハンニャバルでした。(ワンピース、面白いよねー)
あまりに怖くて、ごまかし笑いで気持ちを切り替えなくては行けなかった程。

その後ファズは、静かに寝室を出て行きました。
んー、、、。孤高(というか、こんな小さなネズミみたいなやつに、威嚇しなくても)。
いや、でもいいんだよ。ファズはファズだものね!

「あー、やっぱダメみたいだねー。ゆっくり行こう」ということで、
「ネズミ」もそのまま眠ってしまったので、また段ボールに戻しました。

P.S 小さなお子さんをお持ちのママ様たちは、毎日毎日、
この何100倍ものお世話をしているのだろうなあ、と
頭の下がる思いです。
どうぞ、みなさまの赤ちゃん、お子さんが、元気に育ちますように。
f0236736_372778.jpg
f0236736_375047.jpg

子猫は生まれてから3週間くらい、自分で排泄できないそうです。
母猫がおしりを舐めて刺激することによって、出す、のだそう。

それを、やってあげないといけません。
でないと、死んじゃったりするそうです。
ひえー、死ぬな!やらなきゃ。

ちなみにこの子猫
(ああ、名前がないと、めんどいなあ。
私はひとまず勝手に「ミミヲ」と呼ぶことにしました。)は
大の方は自分でできるそうで(素晴らしい)、小のほうを手伝います。

ご飯を食べる前や食べた後に、やる、と教わってきましたので、やってみます!

子猫を仰向けに持って、おしりをトントントンと軽く拭く、
すると、じわっと出てくる、、はず、、。

ところが。

あの、あの、、仰向けに持てないんですけど、、。
すっごい暴れて。
ニーニーが、キーキーみたいになって来たし、
爪が、すごく手に食い込んで痛い。。。

だし、コノ人の長いシッポがおしりの穴の部分に
こう、かぶさっちゃって、、
拭けないよー!

拭けないし、何も出て来ないよー!

え?これほんとにどうやんの??

夫が可笑しそうに笑っています。
うん、これ、無理かも。

どうしよう。。。

何度もトライして、無理矢理拭くも、排泄(小)させてあげられませんでした。。

「きっと明日にはできるよ。今日はいいんじゃない?」
という言葉に助けられ(いいのか?)今夜は断念。

子猫を箱に戻すと、すぐに湯たんぽのそばで眠ってしまいました。
私たちも、枕元の箱を気にしながら、眠りました。

明日には名前、付けないとね。

ちなみにファズは「なーんか、気になる匂いがするんですけど、、」と言う風に
ちょっと落ち着かない様子でしたが、どうなることやらー。

f0236736_2453638.jpg

9月10日 午前0時

家について、まずやること!
それは、先住猫、つまりファズと隔離することです。

もともとファズは、1人が好きで勝ち気な性格。
他の猫を受け入れないのでは、という私たちの予想。
普段はおとなしいのですが、窓の外を通った野良猫さんに向かって、
シャー!!と言って、見たこともないような怖い顔で威嚇するのを
見たことがあります。

引き取ったお宅の方からも「子猫のノミや病気の心配事がクリアになってから」
先の「ねころん」さんのサイトでも
「警戒心が好奇心に変わるまでは、引き合わせにじっくり時間をかける」
と、ありました。

そこで、ちょうどプリンターを購入した時の
70cm立方体くらいの大きな段ボールが保管してあったので、
私たちの寝室に運び、子猫の居場所を作りました。

この段ボールがまた、素晴らしいハイスペックなやつで。
ボール紙が二重になっていて、重量感があり、いかにも暖かそうなんですよ。
リコーのレーザープリンタが入ってたやつなんですが。
(いやー、リコーのプリンタ買ってよかったよー!
なんて、わけもわからずリコーさんにまで感謝したりして。)

西武の紙袋から取り出すと、目を覚まし、ニーニー、と鳴いています。
子猫はまだニャーと言えません。

畳の上をわけもわからず、猛ダッシュ(遅いんですけど)で歩いています。
ひとまず、リコー箱(ほんと、捨てなくて良かったー)に
匂い付き布とトイレと猫を入れ、湯たんぽを用意しました。
ペットボトルの簡易ゆたんぽと、
私の愛用する、無印の熊のモコモコみたいなカバーのついた茶色の湯たんぽ。

そして、ご飯。
小皿に缶詰が入ったまま頂いて来たので、足下に置いてみると、
むっちゃむっちゃ食べます。
皿に手を突っ込んでいます。あはは。
いや、小さすぎてご飯に届こうとすると、どうしても入っちゃうみたい。
f0236736_24855.jpg


粉ミルクもぬるま湯(ラーメンズ、ほこさきさん的に言うと、ぬるめ湯)で
溶いて、缶詰に混ぜます。
むちゃむちゃ食べます。ほんとに「むちゃむちゃ」と音がします。

しばらくすると、顔を皿に突っ込んだまま止まってしまいました。
あ、寝てる。。。
食べたまま。
そこで、皿から持ち上げ、顔と手を水で濡らしたティッシュで拭いて、
とりあえず食事終了ー。
拭かれるとき、またニーニーと鳴きます。嫌なんでしょうね。

まあ、とにかく、食べたー。よかったー。。。

次は排泄!
4月9日 PM23時

お湯を入れたペットボトルを、子猫の匂いのついた布で包み、
簡易湯たんぽにして頂いたものを、
西武の15cmくらいの小さな紙袋にいれ、
さらに何枚かのタオルをしいて、子猫を運びました。

両手で紙袋を抱えて、冷えないように、そして、あまり揺れないように。
(ここは夫任せ。がんばってくれたまへ)

出発前にたくさん食べたせいか、眠っています。
ずーっっっと眠っています。

眠っていると、うつぶせているので、生きているのかちょっと心配になります。
つついて、起こしてみたくなります。

でも、「移動は疲れると思うので、そっとしておいてください」
と言われたことを思い出し、グッと我慢します。
でも、時々なでたりしちゃいます。
でも起きません。

40分程のドライブ中、寝返りをするくらいで、本当に良く眠っていました。

「今、ここに、この手の中に子猫がいるんだ。ほんとにいるんだ」と思うと、
じんわり幸せな気持ちになりました。
湯たんぽの温かさが、まるで子猫の温かさのように錯覚します。

暗い夜道で車道の照明や信号が、時折車内を照らすと、猫の眠る様子が見えました。

夫と、寝顔(後頭部だけだったりするのですが。。)を見ては、ニヤニヤしながら帰りました。


f0236736_1502265.jpg

4月9日
夫と夜22時、夜分の訪問にも関わらず、
快くお待ちくださった募集先のお宅へ向かいました。

子猫の育て方を、インターネットで検索しまくり、このページを見つけ、
車中で朗読し、二人で一夜漬けならぬ、二時間漬けで勉強しました。
とてもとても、役に立ちました。
ありがとうございます。
知識ゼロからの猫の飼い方・育て方 子猫の里親支援サイト ねころん
http://www.nekoron.com/

着いたお宅には、見えるだけでわんちゃんが2匹、成猫ちゃんが4〜5匹、
そして、保護された子猫が2匹、いました。
もともとは10匹引き取り、
あまりに小さく、保健所で衰弱していたため、そのうち2匹は死んでしまい、
他は里親が見つかったとか。

まず夫と私の第一声。
「ぎゃー、ちっちゃい!!!!!」

わたしはファズと暮らすまで猫をよく知りませんでした。
小さい猫はペットショップで見たことがあっても、
まして、こんなに小さいのは見たことがありません。

仮称「こっちゃん」(色が濃いから、とウェブ募集に書いてありました)は
そのとき体重170g。
手のひらに収まるその小ささは、足もよぼよぼに細くて、
顔も宇宙人みたいだし、ネズミみたいでもあるし、衝撃でした。

「300gになるまで、うちで面倒を見ましょうか?」とおっしゃって頂きましたが、
歩く歩く、食べる食べるで、目は見えていないようですが、
これくらいなら、子猫初心者の私でも育てられそう、何より、可愛い!
ほんとに可愛い!

夫も「ウチの子になるかい?」などと、子猫に話しかけています。

生後3週間目くらいかな?

「今日、このまま引き取らせて頂いてもいいですか?」
と申し出て、もらって帰ることにしました。
とにかく暖めてあげること、排泄のさせ方や、ご飯、ミルクのあげ方などを
見せてもらいながら教えて頂きました。

ちなみに夫はファズを子猫の時に拾ったので、少しは慣れているのですが、
ここまで小さいの初めてとのこと。

子猫用の粉ミルクを何回か分、包んで頂き、モンプチ(缶詰フード)も1缶、
この子猫が寝泊まりしていた場所の布を何枚か、
トイレ(トレーに紙を入れたもの)を頂きました。
自分の匂いがついたものを、持って行くと、少しでも安心するからです。

募集先様の丁寧なフォロー、とても助かりました。

それでも、あああ、ちょっと不安。上手くやれるだろうか。。
でも、がんばる。

君よ大きくなれ(名はまだ無い)。
生きるのだー。
みなさま、こんにちは!
お元気でいらっしゃいますか?

桜の季節はとっても素敵ですね。
わたし、自分の誕生日も4月で、春、大好きです。

突然ですが、猫をもう1匹、飼うことにしました。

既に飼っているファズ(10歳)は変わらず、元気ハツラツです。
人間に例えるとおばあさんと聞きますが、とてもそんなご老体には見えません。
毎日よく食べ、良く眠り、壁をガリガリスクラッチして、
ニャーニャー鳴いています。
そして、相変わらずのそっけなさも健在。
年を取ると、甘えてきたりしないのかしら。
そんな淡い期待も、寄せ付けません。カッコ良いっちゃカッコ良い。

さて、そんなわけで猫が好き。
動物、好きです。

普段の会話で、夫から「コンビニ行くけど何か欲しい?」と聞かれると、
「子犬か子猫」と半分冗談半分本気で答えていたのですが、
2週間後の私の誕生日、本当に猫を飼おう!ということになりました。

わー、やったー、楽しみだなあ、と思っていたところ、
この世には捨て猫や、保健所で処分される猫が、
ものすごい沢山いることを夫から聞きました。

そこで、ペットショップで買うのではなく、
保護者のいない里親募集の中から選ぼう、と。

里親募集のサイトを見ると関東だけでなんと900匹以上の募集が。
見ていたら、もう今すぐにでも助けたいような気持ちになってしまい、
「誕生日に子猫が欲しい」とか言っている自分が、
たまらなくアホみたいに思えて来ました。

そこで昨日、保健所で処分される所を救われた
子猫の里親を募集している方を見つけ、
連絡を取り、その日の夜遅くに、
まずは本人(チビ猫)と対面させてもらうことにしました。

いつでも里親募集中」サイト
http://www.satoya-boshu.net/keisai/c.htm

写真は我が家の重鎮、FUZZの名を持つBadCatと
スイス人と日本人のカッコいいエレクトロユニット、
友人のTim&PumaMimiのCDセット。

ティム&プーマミミは5月に来日ライブを行います!
夫がギターで参加しますよー。
ぜひ見にいらしてください!
http://www.myspace.com/timandpumamimijp

f0236736_1123452.jpg

←menu