駅伝、走りました!

二人合わせて20キロ、走りました。
トータル1時間54分。

応援に来てくれたママ友さんたち、アトムを見てくれて、一緒に遊んでくれた子供達も、本当に感謝感謝です!
去年もアトムを見てくれたフルマラソンやヨガに明るいママさんに、効果的なストレッチを教わりながら「去年よりも、最後までフォームもしっかりしてたね!」と言ってもらえて嬉しくなりました。


10キロは、まあなんとかなったのですが、何しろこの日は強風。
(キツくないといえば嘘で、終わった直後は猛烈に眠くなりましたが、翌日も筋肉痛なしで、目標タイムもクリア。もう少し先までいけるかもしれない、という感覚)
折り返しからはずーっと向かい風。
強い向かい風というのは、こんなに進まないものなのかー!という、レースでした。

たくさんのレースを走っている夫も同じ感想だったようなので、次回の海沿いのマラソンでも風が予想される私たちにとっては良い経験だったかもしれません。

にしても見ている方は、走っている人の一生懸命な動きに不釣り合いな進まなさが、不思議になるほど。
走る方はまるでランニングマシーンに乗っているかのよう。(やったことないけど、そんな想像)
それでも、5キロごとに子供や夫、友達がいる地点を通るのが本当に励みになりました。
というか、それだけを目指して走りました。

次は来月、故郷八戸でのうみねこハーフマラソンに夫婦でトライ。足切りタイムにならずにいっけるっかなー。
本番が楽しめるかどうは今後のトレーニングがものを言うのだぞ、自分!
音楽もマラソンも同じだよね。ひゃー。

夫があまりに楽しそうで、なんとなく共有してみたくなって始めたラン。
それでも冷静に考えると、なんで始めちゃったかなあ、と思わないでもないですけど、ここまできたら(エントリーしちゃってるからね)やれるだけのことはしたい。
そして、やはりいつかはフルマラソンに挑戦してみたい、かも。(かも?!)

うん、やっぱりやっときたい。かも。
(ここまできても、かも、で濁しつつ。)
フルを完走できてこそ、「走る人」と言ってもいいような。

数年後の40歳が、いよいよ現実的になってきて、今、体を動かせるようになっておかないと、(精神的に)この先やらなくなるんじゃないか。
そして、体力的にもできなくなるんじゃないか、と思う時があって。
走れるうちに走る喜びを知ってみたい気もして。

それはバイオリンやオーケストラも同じで。
子供が小さくて仕事があって、いま、時間を切り刻んでまで、自分だけの時間を作らなくてもいいんじゃないか、と思う時もあります。
とはいえ、今やらないと、年齢が上がって体や気持ちが動きづらくなったときに始めるのは、難しいんじゃないか、とかね。

アトムがいつか独立して、もっと自分だけの時間を使えるようになった時、新たに何かを始めるのもいいかもしれないけど、できればいまから準備して積み重ねておいたものの上に、さらに追求して楽しみを見出せたらいいな、と。
そして、それが夫婦で楽しめるものだったらラッキーかな、と。

にしても、走ることで得るものって、距離だったりタイムだったり、とてもわかりやすいです。
ストレートに自分を励ましてくれるので、「精神の自給自足」。
がんばれば、かなり満ち足りると思います。ははは。
でも、持続できるかどうかは別。
常に迷いあり。

決して無理にオススメはしませんが(笑)「走ってみたいな」というつぶやきが友人から聞こえてきたら、即「やろうよー」と勧誘してます。(実際、このところ走ってみたい人が増えている気がします。時世でしょうか)
本当にリアルな経験の共有、できたら嬉しいもんね。

私自身は夫が走るのを応援するだけの時より、自分も走った時の方が楽しいです。
(文章までなんだかストレート。恐るべし、ランニング)

去年のブログに、「これが今の自分。自分に納得。」みたいなことを書いてました。何しろ初めて走ったことにアッパラパーとハイなってました。
(ま、大体においてハイになりやすい体質なんですけど)

今年も思う。
やはり「これが今の自分」。やっぱりハイ。
そして今年は、「もう少し先を見ている自分」もいます。

f0236736_18333126.jpg

f0236736_18333211.jpg

f0236736_18333355.jpg

f0236736_18333361.jpg

f0236736_18333487.jpg

f0236736_18333460.jpg

f0236736_18333586.jpg

f0236736_18333592.jpg

[PR]
by mizuiropinkchan3 | 2015-04-19 18:33 | 遊び | Comments(0)
←menu