アトム初めてのお泊まり

八戸の父母が、うまれたばかりの甥っ子ちゃんに会いに(姉妹、姪など、女ばかりだったので、甥という存在がとっても新鮮!)
上京しました。
新生児ちゃんは、こんなに小さかったっけ?!と思うほど小さくて可愛くて。
赤ちゃんて、いるだけで、本当にしあわせ。
もちろん出産もお世話も大変だけどね。

その夜、妹マンションのゲストルームで、
おじいちゃんおばあちゃん、姪ちゃんとともにお泊まりしてみる、というアトム。

ドキドキそわそわでしたが、
無事に一晩、過ごしてくれました。
そのありがたい時間で、二年ぶりくらい?夫と二人で映画デート。
レイトショーでバックトゥザフューチャー3。
やはり超名作。音楽も最高。
素敵な時間でした。
ああ、父母に感謝。

姪とアトムを連れて、葛西臨海水族園、
妹宅近所にできたばかりの理科大キャンパス近くの緑地、
一番したの妹夫婦も集まってコストコパーティ
などなど、目一杯子供達と遊んだ連休でした。
子供って、生命力のかたまり。
周りの空気が輝いてます。
楽しかった!

写真は気温22度でも
オムツいっちょで水しぶきを上げながら走るアトム。
かっこいいわ。
f0236736_23312791.jpg


その他写真。

ドロドロに緑の液体とアイスクリームが溶け合った飲み物は、
クリームソーダの成れの果て。
水族館での最大の失態。
というのは。
暑い最中、疲れてきた私、
ご機嫌ナナメになってきたアトムを連れてカフェテリアに行きました。
「ミドリのがいい!」と言われるがままにクリームソーダを注文しました。
姪ちゃんの分と半分にしました。
のどが渇いてる二人、ストローでぐーっと飲んだ瞬間、
「じわじわする。。」
「辛い。。」
アトムは強い炭酸にびっくりして、震えてます。
めいちゃんも、べーーっと出して苦い顔。しまった!
そのときやっと、クリームソーダが炭酸であり、この子達はまだ飲めなかったことに気づきました。
混んでいて注文まで10分くらい待ちました。
夫はちょうどトイレで不在。
どーする。。
広い広いカフェテリア、二人を置いて別物を注文にしに行くのは危険&時間がかかりすぎる。
でも、待てない子供の食欲。特にアトム。

「んーと、、アイスクリームだけたべてみたらどうかな?」
2人はアイスをすくって口に運びます。
「アイスについてるみどり色のところが、ジワジワする。。」とNG出し。
そうか、そりゃそうだよね。
「ごめん。炭酸だってこと、忘れてた」とあやまりつつ、
カバンの中身をあさると、スナックのお菓子発見。
さらに、なんとかアイスの白い部分を見つけて場をしのぎ、
夫が戻ってきたところで、再度アイスクリームのみの注文を頼みました。
朦朧とすると、こういう判断が鈍るんだなあ。
気をつけよう。
f0236736_8133895.jpg

f0236736_8133936.jpg

f0236736_8134071.jpg


f0236736_23312923.jpg

f0236736_23313055.jpg

f0236736_23313358.jpg

f0236736_2331359.jpg

f0236736_23313712.jpg

f0236736_2331394.jpg

f0236736_23314036.jpg

f0236736_23314129.jpg

f0236736_2331427.jpg

[PR]
by mizuiropinkchan3 | 2013-09-23 23:00 | 遊び | Comments(2)
Commented by tororin at 2013-09-24 09:45 x
アトムちゃんは2才でしたっけ?
もうお泊りもできるようになったんですね。ほんとに子供の成長は早いものです。
うちの二人の娘も、再来年には上は大学卒業して就職する年、下は高校卒業して大学に進学して一人暮らし(本人希望)しているだろう年です。
あと1年半たったら二人とも家を出てそれぞれの人生を歩んでいくのだなぁと思うとやはり寂しいですね・・・うちの場合、下が小学校1年生の時に母子家庭にしてしまったので、余計に子離れしていないのかもしれませんが。
私もそろそろ第2の人生の準備をせねば・・・と思っています!
そんなこと言いながら、また先日22日に子猫を1匹保護してしまいました(~_~;)
うちの子にしようか、里親さん探そうか悩むところです。
Commented by mizuiropinkchan3 at 2013-09-25 08:49
そうだったのですね。私はまだそう言う意味では子ども側ですが、家を出る時は楽しみな気持ちと寂しい気持ちが入り混じりました。
チビ猫ちゃん、保護されたんですね!どうなるかな、トロちゃんとお友達になれるかな^_^一度お世話すると、なかなか手放せないですよね。ひとまず、今、頑張ってください!
←menu