入院して、退院しました。

えーと、家にいます。笑。
f0236736_14424144.jpg

f0236736_14425137.jpg


ルーフバルコニーの雪かき(八戸か!)をしつつ、「白い猫」を作る夫。
犬っぽいですが、よく見るとヒゲあたりが、ちゃんと猫なんです。
f0236736_14424661.jpg

エコー、一生懸命見てました。

さてさて。今回のアトムの結論。
破水&おしるし(出血)だったと思ったら、おしるし&尿モレだったようです。てへー。

産院につくと、すぐ妊婦パジャマに着替えて、分娩台(かな?)に乗り、
胎児の心拍、妊婦のおなかの張りを見るノンストレステスト。
波形を取りつつ、試験紙で破水かどうかのチェック。
分娩室でこれらをやってたと思うのですが、緊張ーー。
なんか怖い感じなのねー。
でも、痛みが全くないので、気持ちはラク。
心の中で「アトム、がんばろーねー」と言いながら、いきむ時に持つ取手などを握ってみる。

張りが10分ごとに規則的にきていて、
「良い張りが来てるね。でも、水が止まっているから、破水じゃないかも・・。
痛くないのよね?(何度も聞かれる)じゃあ陣痛じゃないのかも・・
んー、わかんないなー。どうしようかなー??」
助産婦さん、破水を考慮してこのまま入院か、家に帰して大丈夫か、迷ってます。

「たくさん出た?」
はい。かなり。ほんとに結構な量でたんですよ。
だって、バスタオルそのまま捨てなきゃいけないくらいでしたもん。
「んー・・」
そうこうしているうちに、朝7時くらい。
起床の時間らしく、医師先生と電話がつながって。
破水かどうか9時頃に調べてもらえることになり、ひとまず入院になりました。
「いずれにせよ、すぐには生まれないと思います」とのことで、夫は自宅に戻ることに。
雪の中、またタクシーを呼ぶのは大変だろうな。
ここからはしばらく一人か、心細いな、とか、いろいろ思いつつ。

希望していた6人部屋に通されて、カーテンで仕切られた自分ゾーンで、
入院グッズの整理整頓。
さっきタクシーの中でおにぎり食べたし、歯を磨いて、ひとまず寝よう。
(五目ご飯のおにぎりを作っておいたので、よかったー)

あ、枕、堅い&高い。自分の枕、持ってきてもらお。
iPhoneの充電器忘れたー。
部屋はあったかいから快適だけど、ちょっと乾燥してる?
水、もっと大きいペットボトルで持ってきてもらおう、等々の不備を思いつつ、夫にメール。
彼はタクシーがつかまらなかったそうですが、バスで帰れたらしく、ほっ。

とにかく、寝よ。眠くないけど、いつ何時、陣痛が来ちゃうかもだしね!

と思ったら、お隣、お向かいそれぞれが、
テレビや、ケータイで家族と連絡、赤ちゃんのお世話で、サワサワザワザワ。
・・んー・・これは、個室に変えてもらった方が、よいかもしれない?
一人で個室はさみしいかも、と思って大部屋にしたんですが、予想と違った感じ。

すると「朝ご飯でーす」
おっとー。朝ご飯、今出ちゃうんですね。
国際線のフライト、乗ったとたん機内食が出てきたときのような気分。
素敵な和食。お魚、野菜煮物、納豆など。
さっき食べたけど、食べとこう!モリモリ、と。

また歯を磨いて、と。

さ、寝よ。(だんだんほんとに眠くなってきました)

すると、モニターから私の名前を呼ぶ声。「診察でーす。さきほどの分娩室の方へ来てください」
はいはい。(忙しいな)

先生の内診。「あー、破水じゃないね。痛くないんでしょ?でも良いおりもの来てるね。
でもまだ子宮口が開くまで時間あるね。39週4日目だから、いつ来てもおかしくないからね。
破水が先かもしれないし。出血は続くけど、問題ないから。
赤ちゃんの頭と膀胱が、すごく近くなっているから、
動かないで寝ているだけでもモレちゃうことがあるんだよ」
そうなんだ。いろいろあるんだなー。

さらに、1時間後。院長先生の内診で、同じような診断。
「一度ご自宅に帰って、様子を見ましょう。何かあったらまたすぐ連絡してください」
はーい。
全部で3回のノンストレステストと2回の内診。
入院グッズはそのまま産院で預かってもらい、帰って参りました。

たった3時間くらいの間でしたが、
先生、看護師さん、食事を運んでくれるおばさん、お掃除のおばさん、色んな方が
様子を見にきて、声をかけ、気遣ってくれて、とても心強かったです。
お掃除のおばさんに「え?もう帰るの?」と言われて
「いやー、まだだったみたいで・・」と答えつつ、ちょっと恥ずかしい気もしましたが。

でも、大部屋だったおかげで、分娩前後の方々や病院の対応がどんな様子かを、
カーテン越しに知ることもでき、ご飯がおいしく、枕の堅さまで体験できたプチ入院。
なんか、よかった。
3回も乗ると分娩台への緊張もさすがになくなってきたし、最後のテスト中なんて、
眠っちゃってたもんね。

きっと疲れたのは夫。
家に帰ると、寝不足の中で仕事を終わらせてくれていました。

いつ来るかわからないけど、きっとほんとにもうすぐ。
今回の「来たかも?!」メールに、体験談やアドヴァイスをすぐに送ってくれた友達や家族に感謝!
お騒がせいたしましたー。
「その時」がきたら、頂いたアドヴァイスやエール大放出でがんばります!

そうそう、二番目の妹が、今朝五時の入院直前になんと「今かも?!」と目が覚めたそうで、
ブログをチェックし、私に電話をくれたのです。びっくり。
虫が知らせた?さすが出産経験者?!

ま、結果的にリハーサルだったわけですが。
リハといってもかなり本番に近い練習ができました。
次に大雪がきても、焦らないで済みそう。笑。

戻ってみると、猫は無防備にくつろいでいて、あー、家はいいなあ。

アマリさんも、もう少し先だわね。
f0236736_14422271.jpg

今度こそ、寝よ。
f0236736_1442356.jpg
f0236736_14423181.jpg
f0236736_14421892.jpg

[PR]
by mizuiropinkchan3 | 2011-02-15 15:48 | アトム | Comments(0)
←menu