<   2016年 07月 ( 25 )   > この月の画像一覧

夫とアトムが、友人が企画したワラーチ製作のワークショップに参加しました。

ワラーチというのは裸足に近い状態で走ることのできるサンダルのこと。
できあがり、とっても可愛いです。

南米の走る先住民族が古タイヤを切って紐を通して履いているもの。
近年、裸足ランを愛好する人達から注目が集まっているサンダルです。
日本のわらじ、に発音が似ているね。

履いて過ごした夫によると、かなり気持ちが良いそうです。確かにこの解放感は良さそう。
走ることについてはまだ鼻緒がちょっと痛いそうで、調整するとのこと。

企画のお友達おつかれさまでしたー!

f0236736_09113860.jpg


f0236736_09003122.jpg



f0236736_09003315.jpg





[PR]
by mizuiropinkchan3 | 2016-07-31 23:53 | アトム | Comments(0)
お互い見てないのによくこの微妙な関係を(笑)保てるよね。
f0236736_09132069.jpg


でもね、この6年間で同じテーブルに乗るほどには距離が縮まったことは確かです。

f0236736_09132129.jpg



[PR]
アトムはサマースクールから元気に帰宅しました。
いろんなことを話したくて、興奮気味。
楽しかったんだね。
よかったよかった!


もうじき、赤ちゃん金魚の一部が我が家を巣立ちます。
つい先日、2匹がパタパタとお亡くなりなってしまい、現在8匹の赤ちゃん金魚。
よくここまで大きくなったねえ。
f0236736_17133434.jpg

f0236736_17133423.jpg

f0236736_17133412.jpg

f0236736_17133536.jpg



オスメスを混合して里親さんにお渡ししたくて、懸命の観察を続けておりました。
が!なかなかどうして、うまいこといきません。
まず金魚の場合、生後2歳まではプロでも見分けるのが難しいとか。
この子達、生後3ヶ月。。

メダカは腹ビレの形の違いですぐわかるようになったので、きっと金魚も同じシステムだろうと思っていたら、なんだか勝手が違うみたい。
更にメダカより動きが速くて、人間が近寄ると、わーいわーい!ごはんごはん!と、我先に集まってくるので、もう、誰が誰だか。
メダカはあんまり集まってこないんですよね。
昔から金魚が可愛がられるのは、見た目だけじゃなく、この愛嬌の良さなのかもねえ。
しかしこの、わーいわーいな性格、金魚夫婦だけでなく赤ちゃん金魚にも元から備わっているのを見ると、生まれた時から人間にエサをもらう、ということに疑問を抱いてない感じなんですよね。
魚っていうのは、人間に捕まっちゃうと困るから近寄らんとこ、とか、そういうこと思ったりするべきなんじゃないかと。
他人事ながら心配になってしまう。
まあ飼っていながらそう言うのもアレですけど。
先週、家族みんなで映画館に行きファインディング・ドリーを見た後なのでなおのことね。
(映画とても面白かったです!)

そんなこんなで、より大きくピチピチの4匹を里子に出そうと思います。




[PR]
朝、お皿はからっぽ。
ベッドルームの扉の前でにゃお〜にゃお〜と鳴いて呼びに来るのはトラヲの仕事。

起きてリビングに行くと、
4匹わらわらわらわら。
私の方を見上げて、ごはん、ごはん。
トラヲはついでにファズになめてもらう。

(写真撮ってないで、ごはん入れてよ〜っ、て言ってますね)
f0236736_08572667.jpg
f0236736_08572647.jpg


f0236736_08572636.jpg

f0236736_08572627.jpg


はい、ごはんだよー。
わーい。
カリカリカリカリ。
ファズは、むしゃむしゃ。パウチごはんなのでね。
f0236736_08572689.jpg

コサビは10秒くらい食べるとすぐ、もーいーや、とどっかいっちゃいます。

10分後くらいに1人で戻ってきて、また食べたりしてます。
f0236736_08572758.jpg


東京、梅雨明けだそうですね。
このところ涼しくて過ごしやすかったですね。

いよいよ、猛暑がやってくる気配。
ここからの1ヶ月は、体力勝負ですね。
たくさん食べて飲んで寝て体を動かして、元気にすごしましょー。


[PR]
by mizuiropinkchan3 | 2016-07-28 08:51 | ファズ | Comments(0)
すごいねえ。成長してるねえ。
奥歯の6歳臼歯も生えてきてます。本数が増えたということ。本人も嬉しそう。
(写真がキング・クリムゾン的)


f0236736_09102653.jpg

今日明日は幼稚園で、日光の霧降にお泊まり保育。サマースクールという林間学校みたいなものです。楽しんでおいで。初めての事をたくさん経験しておいで。

これを機にいよいよ購入した登山ザック。15リットルクラス。
軽量で、肩紐も分厚くて太く、バンドも胸と腰にあり機能的、重心が上に来るのできっと軽く感じるはず。レインカバーも内蔵。
完璧だ。これでまたたくさん歩けるね。
f0236736_09102607.jpg

f0236736_09102608.jpg


f0236736_09102697.jpg





[PR]
by mizuiropinkchan3 | 2016-07-27 09:00 | アトム | Comments(0)
週末はアトムと2人で夫オススメの筑波高原キャンプ場。
(夫は仕事で残念。おつかれさまでした!)

登山してないのに、このロケーション!
駐車場から徒歩10分、山の上まで荷物を運び上げる必要はありますが、コンパクト化の練習にもなりますし、この見晴らしは素敵です。
夕暮れてから遠くに、小さく花火が見えたんです。
もしかしたらその日足立区で開催されていた花火大会かも。
花火を見下ろす感じで、下界の田んぼの奥に、ぽん、と光って上がってパッと消える様子は、アクセサリーのように可愛かったです。
標高が高いので涼しくて、夜はダウンのシュラフでちょうど良かったです。


翌日はおなじみの宝篋山。
登りが嫌いなアトム。
滝まで行って水に手をつけたい、そこまで行ったら戻っていいからと切望する私に「仕方ないなあ」と折れて途中の白滝まで。
濃密な森、沢、よく知った道。
楽しいです。

歩き始めて20分くらい。白滝に全然到着しない頃。
最初の沢が出てきました。すると
「ほらおかあさん、水だよ、手をつけて。もうここでいいでしょ?」と説得にかかるアトム。
「えー、、こんなんじゃヤダ。もっと上の、水がダーッて出てるところ!」ってゴネる私はすでにアトムと、立場が逆みたい。

アトムは登りも少し、下りはほぼ全て走って降りていました。
(自動的に追いかけて私も走る形に)
何度か根っこや石につまづき転んで、手を少し擦りむいたようですが、そういうもんだ、という感じで動じていなくて、驚き。
トレランを知った5歳。かっこいいわ。

すれ違う年配のご夫婦と話していたら、(大抵の方がアトムを見て、えらいね、頑張ってるね、と声をかけて下さいます)私のうみねこマラソンのTシャツを見て、奥様が「マラソン走るの?」と。
「去年初めてフルマラソン走りました」と答えると、「来月、この筑波でもトレランの大会があるわよね。出られたりするの?」と。
「70キロのトレラン(!!)ですよね。夫がでます。」と言うと、「私、毎年ボランティアでお手伝いしていて、今年も参加するの。受付の辺りにいますから」とのこと。
ご主人の方が
「辛そうなランナーにガンバレーって応援するだけだから、気楽なもんだよねえ」と冗談めかしておっしゃるので
「いえ!ボランティアの方々のおかげで走れていますから、ありがとうございます。今回は私じゃないですけど、よろしくお願いします」と言いました。

山を歩いていると年配の方が多いのですが持っている地元情報を分けて下さったり、子育ての経験なんかを話してくれるときがあったり(子供と一緒に歩けるのは小学校くらいまで。今を楽しんで、とかね。)、元気に、もしくは、しんどいねえ、とか言いながら歩く姿そのものが、「良いなあ」と思います。


f0236736_22450323.jpg

f0236736_22450465.jpg

f0236736_22450418.jpg

f0236736_22450413.jpg

f0236736_22450421.jpg



f0236736_22450580.jpg

f0236736_22450561.jpg

f0236736_22450558.jpg


f0236736_22450668.jpg

f0236736_22494855.jpg


f0236736_22494838.jpg

f0236736_22494823.jpg

f0236736_22494951.jpg

f0236736_22494959.jpg

f0236736_22494987.jpg


f0236736_22494948.jpg


f0236736_22494930.jpg

f0236736_22495084.jpg

f0236736_22495014.jpg

f0236736_23043549.jpg










[PR]
by mizuiropinkchan3 | 2016-07-25 00:22 | | Comments(0)
母が「オススメ」と送ってくれた本を読みました。
雨の夜中に一気に。
f0236736_09362398.jpg


登場人物はピアノの調律師、という特殊な職業。

私自身が普段から音に接していることもあるかもしれませんが、画面が目に浮かぶような、音の形が見えるような描写、ズンズン進むストーリー展開で、とても面白かったです。人物同士の会話のリズムやキャラクターの素朴さにふふっと笑ってしまうところも。

読みながら、ピアノやオーケストラでバイオリンを弾くことや、走ることについても、幾つかの答えをもらったような気持ちになりました。

色々と素敵にまとめたい(笑)気持ちもありますが、
「楽しんだもの勝ち」
私の受け取った(受け取りたかった)メッセージは、ひとことで言うとそんな感じ。

で、ふと本から目を上げるとこんな風景。

ぷっ!て吹き出しちゃいました。思わず。
f0236736_21544013.jpg

背中はおじさんぽいけど、前から見ると、なかなかかわゆい。
ちょうど良いあご乗せ枕。
f0236736_21544070.jpg





[PR]
by mizuiropinkchan3 | 2016-07-24 00:10 | ファズ | Comments(0)
プロフェッショナルカメラマンさんが撮影してくれた写真です。今回も無料でダウンロードさせてもらえることに感謝。
楽しい大会、素敵な企画運営です。


頭バシャバシャ、水をかけてもらってます。
まだ走り出す前。
ほんとに暑い日だったなあ。
f0236736_10130892.jpg

スタート直後。ニコニコしてます。
この後の地獄が見えてない時。
f0236736_10130813.jpg


f0236736_10130995.jpg


途中の山の中。
ヤバい。。この坂は。。重力め〜。と思いつつすでに歩くも、カメラを意識する余裕あり。
f0236736_10130990.jpg


ラストのコース。
苔や水濡れで滑りやすいツルツルの急な下りの階段。大きな自然の岩でできているので面が広くて、不定形。ビョンビョンと跳びはねながらのもつれ足で、ものすごいスピードで転がり落ちるように走りきり、全く余裕なし。
自分の持てる頭と体のバランス感覚を全て同時に起動したギリギリヒリヒリの数十秒間。
心拍数や足のもつれや、喉の渇き、いろいろがほぼ限界。
早くゴールしたい!終わりたい!の一心。

f0236736_12383266.jpg


写真で階段を降りてくる人影はアトム。
私が走り去る瞬間「おかあさーーん!がんばってー、アトムだよー!」と叫びながら追いかけて来ていた様子。
声は聞こえていたけど、とにかく地球の重力に支配され、スピードに乗らされていたので姿は見えず。
そりゃ顔も歪みます。

で、びっくりラッキーな2位。
ゴールに笑顔を忘れてしまったのは反省。
でも、楽しかったです。

後から、もつれ足の階段ゾーンで応援してくれた夫に聞いたところ
「攻めてたねえ。周りの人からも、おお〜ってどよめきが起きるくらい、怖がらずに前傾で、足があんなにもつれてたのに転びそうで転ばなくて、凄かったよ」と笑われました。
そっかあ、まあ攻めてたっていうか、攻められてたっていうか、ね。
今はまだ、あれしかできないですもん。

終わった直後、立ち上がると気持ち悪くなって、アトムたちが水汲んだり体にかけてくれました。夫が日陰に敷いてくれたシートに寝転んで見上げた木の葉の美しかったこと。風が気持ちよかったです。

アトムによると「あの時はおかあさん、こりゃもう限界だな、って思ったね」とのこと。笑。

f0236736_10130923.jpg


前回に続き、やっぱり自分は地球の一部なんだ、と思いました。
土とか空気や水から生まれて、樹木や動物やなんかと一緒に生きて、いつかは死ぬんだと思いました。
そして小さく小さくなって、また物質の一部になるんだ、ってね。
山を走ると、なぜかふつーにそういうことを思うので、不思議です。

ちなみに、一緒に走った初トレランのSさんは、走り終わってみて「すごくキツかったけど楽しかった。ゴールするとき、みんなありがとう!愛してる!」「すべてが素晴らしい」って思う。と笑ってました。
うん、わかる気がします。

走るって、たぶん、生きてる輝きが、目に見えることなんですね。
だから、他の人が走ってるのを見てジーンとしちゃったりするのかなと。
自分が走ると、生きてるなあって否が応でも確認できちゃうので、その快感がやめられなくなるのかもしれないなあ。
わからないですけど。まあ理屈は良いですかね。ははは。

あとね、自分に優しいスポーツだと思います。トレーニングして、回数をこなせば、多分誰でも速くなる。ある程度までは。数字や順位が目に見えて上がっていく。大人になるとこんなにストレートにわかりやすく満足度が高い娯楽、なかなかないかもしれないなあ。
私の場合は、前回のトレランと先月の100キロが少なからず、結果になったような。

今回はアトムが私の結果について、ことのほか喜んでくれました。帰宅後、猫たち一人一人のところに行って顔を見ながら「おかあさんね、初めて2位だったんだよ」と報告しており、照れくさかったです。

Sさんと下見をした時に撮ったコースの写真。
こんなとこ登るの?!これ道?っていう木の幹やら、岩場やら。
1300年も前から、人はこの道を走っていたそうですよ。
f0236736_17264102.jpg

f0236736_17264152.jpg

f0236736_21514408.jpg

f0236736_21514547.jpg

f0236736_21514525.jpg



f0236736_17264136.jpg

f0236736_17264162.jpg

f0236736_17264193.jpg

くぼみは足をかける段です。これが6段くらい。ひえー。













[PR]
by mizuiropinkchan3 | 2016-07-23 00:33 | | Comments(0)
カメラマンさんの撮ってくれた写真です。

アトムの真剣かつ、ちょっとしんどそうな表情!意外!
走ってる走ってる。
坂も急だし、暑かったしね。
がんばったんだねえ。
f0236736_08551945.jpg

f0236736_08551921.jpg

f0236736_08551901.jpg

f0236736_09204184.jpg

f0236736_09204131.jpg



ゴールの瞬間!躍動してます。やったね。夫の拍手。
f0236736_08552008.jpg

f0236736_08552011.jpg

f0236736_08552081.jpg


[PR]
by mizuiropinkchan3 | 2016-07-22 08:50 | アトム | Comments(0)
食卓には、赤緑黄ファズ。
f0236736_08484216.jpg

f0236736_08484245.jpg



ちらりと映るのは、夫作のキャベツ入りハンバーグ。美味しいです。

夫が「今日のお弁当、自分で詰めてごらん」というと
ハンバーグを3個入れて「これでよし!」と満足げ。
他は?
「いらない」
パンも、ご飯もオレンジも?
「いらない」
わはは。
肉食女子ですな。

炭水化物も必要なことを話して
アトムの好きな、食パンにジャムを塗ってクルクルロールにしたものを追加。
こっそりハンバーグの脇にキュウリをイン。

アトム、今日から夏季保育です。
製作や英語、鍵盤ハーモニカなどのクラスはなし。
延長保育の40人のクラスで、お弁当、お昼寝ありと、解き放たれる遊び倒しの1ヶ月。

今日は雨。涼しくて快適です。


[PR]
by mizuiropinkchan3 | 2016-07-21 08:39 | ファズ | Comments(0)
←menu