<   2013年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧

夫がゆっくりしておいで、と言ってくれて、
仕事帰りにラブ展、みました。

エントランスの壁に書かれていたことば。

我々のような小さな存在は
愛を通してのみ
宇宙の無限の存在を耐えることができる

そうか、やっぱりそうだったのか。

今の私、「愛」のつくものならなんでも入ってきちゃいそうです。笑。

いろんな愛のかたち。
盛りだくさんのとても面白いエキシビジョンでした。

私たちは、堂々と、なにも恐れずに生きて行こう、と思いました。

にしてもね、会場がちと寒すぎますね。
今日はわりと涼しいからね。
後半、足早になってしまいました。

草間さん、生命がうごめいてる。
女性とうまくやって行くための52(だったかな?)の提言、面白かったな。
チムポムの気合い100連発がまた見れて嬉しかった。
なんだかんだと、結局ジョンとヨーコの歌に涙してしまったなあ。

ミュージアムショップで、何かウランに買おうと思いました。
明日を忘れたくないなと思って。

可愛い草間さんのグラス?
でも割れちゃったら何だかなあ、だし、服?もなあ。うーーん。
ブラブラしていると、
まえに見てラブだった花火発見。

これだ。
明日の手術が終わった夜、みんなで花火やろう。
アトムも一緒にね。
よく考えたら、きっと何かきちんとお別れできる儀式があった方がいい。
60秒もの間輝くという、長くて蛍光ミドリで、
アトムの好きなムラサキの柄。
買ってまた泣きました。
今はいいのだ、これで。
f0236736_19231046.jpg

f0236736_19231213.jpg

f0236736_19231384.jpg

f0236736_19231410.jpg

f0236736_19231652.jpg

[PR]
たくさんの言葉をいただきました。
本当にありがとうございます。
何度も読み返しては、元気付けられました。

週末は、凹み、凸み(とつみ、と書いたら一発変換!そんな言葉あるのかしら)の波はありつつも、
何というか無理に落ち込むこともできず(苦笑)、楽しく過ごしました。
アトムも楽しめるエキシビションや、近くの芸大サテライトで行われたマリンバやピアノの演奏が聞ける音楽のイベント、
アトムの保育園の夏祭りに出かけたり。
夫がアトムにきゃりーぱみゅぱみゅさんの
DVDを見せてみたら、大当たり。
ファッションモンスター♫のところで、
一緒にガオ〜とやります。
私もきゃりーさんの音楽が素晴らしくて、大好きになりました。
すごい人っているもんだ!
私も夫も、アートや音楽からパワーをもらえる種族なのです。

そんなわけでアトムも元気で可愛くて、猫たちも好き勝手に過ごし、
よく笑った週末でした。

保育園の知り合いママさんたちに報告すると
さっぱりと「そっか、また次があるよー!」と言ってくれました。
足立区のママさんたち、たくましくて、優しくて元気です。

ウランが心拍を止めたであろうあたりから、
つわりも大幅におさまってしまい、
2キロ近く減っていた体重も
少しづつ戻りつつあります。
手術が終わるまではツワリも続いて辛いという声も聞いていたのですが、
個人差があるのでしょうね。

体温はおそらく高いままで、
妊娠状態をキープしようとしているようです。
身体中の妊娠性湿疹も相変わらず出続けていてかゆいですが、
きっと術後は収まるのではとの予想で、来週まで待ってみます。

現代美術館では、何とお友達の松本力さんと音楽家VOQさんの「おばけの部屋」があり、元気がでました。
また、手塚治虫、石ノ森章太郎の漫画のエキシビジョンを興味深く見て、生と死を思いました。
ラストのヤマサキマリさんのオリジナル作品に爆笑しました。

夜中ふと目が覚めてしばらくボーッとしていると
村上春樹さんがノルウェイの森で
「生と死は対極ではなく隣り合わせ」というようなことを書いていたことを思い出しました。

自分の中に、生きてる自分と、もう生きていないウランがいること。

それをどういう感情や言葉で表せばいいのかわかりませんが、
事実として、「生は死を内包している」と思いました。
比喩でも何でもなくてね。
今、それをすごく「わかっている」自分がいます。

術後、ずどーんと来るかもしれません。
全身麻酔で行われることもあり、回復に少し時間がかかるようです。
子宮収縮や出血が続くこともあるらしく念のため仕事は少し休みをもらいました。

いつも見てくださっているみなさん、ありがとうございます。
f0236736_910011.jpg

f0236736_910160.jpg

f0236736_910249.jpg

f0236736_910348.jpg

f0236736_910455.jpg

f0236736_91061.jpg

f0236736_910770.jpg

f0236736_910850.jpg

f0236736_9101091.jpg

f0236736_9101115.jpg

f0236736_9101418.jpg

f0236736_9101668.jpg

f0236736_9101775.jpg

f0236736_9101970.jpg

f0236736_9102032.jpg

f0236736_9102210.jpg

f0236736_9102359.jpg

f0236736_9102568.jpg

f0236736_9102675.jpg

f0236736_9102842.jpg

f0236736_9102924.jpg

f0236736_9103089.jpg

f0236736_910313.jpg

f0236736_9103274.jpg

f0236736_9103465.jpg

f0236736_9103561.jpg

ファッション モーンスター!
f0236736_9114865.jpg

[PR]
昨日の診察で、ウランの心拍が止まっちゃっていました。

成長して二頭身の形はみえるけど、
心臓の動く白いものが、見えませんでした。

来週火曜に手術します。

先生は「月曜にもう一度みてから、、」と言いかけましたが、
「手術をするとしたら、いつ」と聞くと、
「火曜日、ですね」とのこと。

わかっているのだけど
「止まったものは動かない、んですよね?」と聞くと
うーーん、と答えようのない返事をされていました。

「火曜に手術にします」そう言ってしまうと、
もうどうしようもなくて、涙が出ました。

気づくと診察室に普段は1人しかいない看護師さんが3人くらいに増えていて、みんな、緊張の面持ちに見えました。
そのうちの一人がティッシュの箱を差し出してくれました。
(アトムを妊娠したことがわかって泣いた時、
同じような場面があったことを思い出しました)

1週間分の成長はしていて大きくなっていたので、
止まったのはほんの少し前かもしれません。
先週の軽い出血の後、何の不調も前兆もありませんでした。
きっと、そーっと静かに、フェイドアウトして行ったんでしょう。

おなかが痛くなることも、大量出血することもなく。
妊娠してから一ヶ月、
何も恐れずただ幸せな気持ちで過ごせたことに感謝。

11週までの流産は、染色体異常やその他の原因で、
薬を使っても安静にしても、
どうにも出来ない場合がほとんどだと聞いていました。

先生からもそのような説明がありました。

これまで、受精卵ができなかったり、着床しなかったりと、
如何ともしがたい沢山の科学を目の当たりにしてきたためか、
ウランの心拍が、止まってしまったことについても、
何となく納得している自分がいます。

ウランはこれ以上成長するための、
細胞分裂するための何かを持っていなかったんでしょう。

「来てみたけど、ここまでだったわ〜。
でも色々聞こえて楽しかったよ。
アトムの歌とかギターとか、猫の声とかさ」とかなんとか言って、
ふと動くのを止めたんだろうな。

もちろん全部想像です。

星になった赤ちゃんは忘れ物を取りに空に戻ったんだよ、という表現を聞いたことがあります。
そう言ってなぐさめてくれたママ友さんもいました。

ほんとにその通りだな、と思える自分がいて、なんだか不思議な気がします。

あんまり物理に詳しくないですが、
大きな宇宙の中で、物質量って多分一定で、その中で生きたり失われたりしながら、
カタチを変えて私達の目の前に現れては消えて行くんだよなあ、とか。

仕方ないことだった、と穏やかな気持ちでいながらも、
涙がポロポロ出ます。

それでもまだ体の中にいるウランに支えられてるんだろうな。

夫は名前を考えていてくれてました。
昨日初めて教えてもらったのですが、アトムの弟妹らしい、良い名前でした。
彼にとっても、すでにそこまで実体をもった大きな存在だったことを思うと、泣けました。

家族や友達、ママ友さん達、会社のボスもいろんな言葉で元気付けてくれました。
そして何より、遠くに住む友達の出産のメールが届き、とても嬉しかったです。
ああ、良かった。
みんながいる、と思いました。

アトムもモリモリ元気で可愛いです。
猫達もマイペースです。

明日はアトムの保育園の夏まつり。
子どもたちや赤ちゃんの元気に遊ぶ様子が見たくて、ワクワクしてます。

ウランも、もうしばらくの間一緒にいよう。

今日はグッドニュースじゃなくてごめんなさい。
本当に、みんなに支えられてます。

f0236736_1749628.jpg

f0236736_17491262.jpg

f0236736_17494146.jpg

[PR]
奇跡的な一枚!
f0236736_1128062.jpg


実は最近、ファズがトラヲにだけは
頭ゴチンや、耳をペロッとなめてあげる等の、
親愛の様子を見せるようになったんです!
あの孤高の女王だったファズがねえ。
嬉しい。

それから少しずつ、たまーーにですが、
コサビのにおいを嗅ぎに近づいたり、
エコーのこともクンクンしたり。
トラヲとコサビの存在が、
ファズを少しずつ猫嫌いじゃなくしているような感じ。
まあ、これを見るまで一年以上かかりましたからなあ。
この先さらに近づくかどうかは、気長に見守ろう。
飼い主としては4匹みんなが、
心穏やかに過ごしてくれることが、
一番嬉しいからね。


母が毎日送ってくれる葉書の中には時折、
気になった新聞広告や記事がそのまま同封されていることがあります。
時間があるので葉書の整理をしていて、
読み返している元素記号の解説。
面白いです。
広げて読んでたらトラヲ、ファズか来たというわけ。
f0236736_1128157.jpg

f0236736_112817.jpg

f0236736_112824.jpg

ウラン。
ほー、へー。
f0236736_1128247.jpg

その他にも。
f0236736_124124.jpg


さて。
元気なのだが安静、というのは、意外と難しいものですね。

久しぶりに頂いたありがたーい時間だと思って、本を読んだり、体をあまり使わないキャビネットの中の整理などしてます。

夫から借りた一冊。
(猫たちには関係ないタイトルだわね。)
f0236736_1263443.jpg


f0236736_1128336.jpg


とても面白いです。
内田樹さん、「下流思考」を読んで以来、知らないことをわかりやすく教えてくれるので、好きになりました。
生きていれば誰でもが直面することについて、きっとたくさんある中の一つの解答を提示してる。
時にクスリと笑ってしまう軽妙さも備えつつ展開するので、どんどん読めます。

たまに極端な表現もありますが、本当にそうなの~?と含み笑いながら
納得できるとこだけ信じて読むと、いいかも。そんな読み方、ダメ?笑。

基本的に優しいというか、
まあ、大丈夫だよ、と言われているようでスッキリします。
同時に脳のシワが増えて行くような気がして、気持ちよいです。

家族や親子の関係についての章もあるので、
子育してる方にもお勧めしたいなあ。
なかなか本を読む時間、取れないですけどねえ。

そんなわけで、すこーし高いところから、
物事を広く眺めることができた感覚。

疲れすぎて眠れぬ夜に、とありますが、
面白くて眠れなくなるかも。
むしろ、それでいいのかしらね。

英語タイトルもビートルズにかけちゃったりして、くすぐられます。
f0236736_181351.jpg

[PR]
by mizuiropinkchan3 | 2013-07-24 11:04 | ファズ | Comments(2)
体調は上々。
次の検査までおとなしくしながら、体調が良い時はご飯を作ったり、
つわりがきつい時は夫に頼んだり。

さて、まだ不妊治療の病院を卒業してないでんですが、
もうそろそろ、母子手帳もらいたいなあ、と思って夫と保健センターへ。
ウランは9週目に入りました。

東京都のデザインは、ミッフィーなんだよね。
可愛いね。
f0236736_1142188.jpg

誤飲チェッカーが取り外せる。
3年前の千葉県のは、冊子にくっついてたね。
そういう細かい改良、大事ですね。
f0236736_1142239.jpg

私もウランが無事に生まれたら、
一番気になっているのが、
アトムお姉さまの大好きな
細かいおもちゃ、きれいな石などの誤飲。
片付け方法をあみだして、少しずつ楽しいやり方で教えていこうと思います。

手帳を受け取りながら、保健師さんの説明を受けました。

体重管理について。
標準体型ですから、厳しくしすぎないで、
お医者様がなんといっても8キロと言わず、10キロくらいまで増えてください、とのこと。
低体重の胎児が妊娠中に飢餓状態になり、
産まれてからたくさんの栄養を吸収しようとして
小さいうちからメタボリックシンドロームの傾向を持つ危険性があるとか。

その他、二人目ということで、産まれてからのことも。
例えばアトムの頃と、
予防接種にかなり変わったところがある。
例えば、産まれて最初の3種混合だったことろは、
不活化ポリオを加えた4種混合に。
2ヶ月から生ワクチンのロタウイルスのワクチンを任意で混ぜつつ。
とかね。
生ワクチンと不活化ワクチンの組み合わせが大変だけど、
かかりつけとスケジュールを相談して下さいね。と。

他には、アトムの送り迎えを夫がしていることを話していたら
「それはいいですね。お子さんもお父さん、大好きになるでしょう」と。
夫が「でも、帰りたがらなくてグズることもありますよ」と言うと、
「やりたいことや欲求をちゃんと伝えられているということ。
信頼関係がお互いに築けているということだと思いますよ」とのこと。
へー。

手帳をもらって、赤ちゃんを産むという気持ちに、
少しずつ近づいて来ました。
そうでなきゃね。
いつまでも準妊婦でなく、自ら本妊婦に認定しちゃうもんねー。

そしてたまに、専門家と話すとなんとなく気持ちが楽になりますね。

この日、保健センターでは3-4ヶ月健診の赤ちゃんたちがきていて、
もうもう、可愛いったら!たまりません。
ああ、ウランもどうか無事にここまでたどり着いておくれ。

アトムが保育園で上の子たちが育てた美味しそうな枝豆の枝を
おすそ分けしてもらって帰ってきました。

普段食べないのに、「えだまめたべる!」と言って
夫と切り離して、まな板で塩をゴリゴリ、手伝いました。
茹で上がりを食べたかというと。
一粒をしばらく口の中に入れてから、出しました。
一粒をさらに半分にしてもう一度トライ。
なんとか噛んで飲み込みました。
でも、それっきり。はは。。

f0236736_11564541.jpg

f0236736_11564692.jpg


f0236736_11564788.jpg

写真は、トラヲのたそがれ姿。
猫ちゃん爪とぎハウス。
(2日で猫たちが乗っかって屋根崩壊。。)
ピースのつもり、指4本のアトム。
エルモ、お熱でちゃったの、と保冷剤。
などなど。
f0236736_11564869.jpg

f0236736_11564956.jpg

f0236736_11565718.jpg

f0236736_11565711.jpg

f0236736_1157088.jpg

f0236736_1157150.jpg


そういえば、先日のディズニー オン アイス。
とても楽しかったようです。
ワニさん大きなお口だった、
ピーターパン食べられちゃった、
といってましたが。笑。
フック先生怖いよねえ、とも。
「船長」ね。
[PR]
by mizuiropinkchan3 | 2013-07-23 11:18 | アトム | Comments(0)
夫が釣りつつ、撮りました。
f0236736_1256444.jpg

f0236736_1256449.jpg

f0236736_1256553.jpg

f0236736_1256589.jpg

立つコサビのマジメ顔が可笑しい。
f0236736_1256685.jpg


お手製猫じゃらし(リコーダーのお掃除棒の先に、荷造りひもを割いて、くくりつけた)で釣られるコたち。
アトムは、時折高い跳躍&回転!をする猫たちを見るのが大好きで、
キャーキャー言ってます。

f0236736_1256621.jpg

ファズが珍しく私の膝の上。うれしい。

f0236736_1256712.jpg

f0236736_1256833.jpg

夕暮れると外で飲む2人。
夫はビール。アトムはヤクルト。
そのままギタレレ片手に歌ってます。

本日、アトムは夫とお義母さん、妹と姪ちゃんと一緒に
ディズニーオンアイス。
私、安静のため泣く泣く欠席。
アトム、姪ちゃん楽しんでるかなあ。

というわけで、1人でお留守番しています。
漫画読んだり雑誌読んだり。
こんなとき猫が(たくさん)いることがうれしい。
話しかけてます。
暑いね、とかいただきます、とか。
夫とアトムは初めての2人での遠征。
私の代わりにアトムとたくさん遊んでくれて、夫にはとても感謝。

私の方はつわりつつも元気です。

現在のトラブルとしては、
2週間ほど前から、お腹からクビの下、背中にかけて出た湿疹が猛烈なかゆさ。
腫れて赤くなって、数えきれないくらい出ちゃってます。とほほ。

注射の時に内科でもみてもらって、
リンデロンというステロイド系の塗り薬を使ってみてます。
アトムも処方されたことあるね。
妊娠中でも、外用薬だから問題ないそうです。
アトム妊娠の時も湿疹出たんですが、今回の方が重いね。
ホルモンのバランスが崩れることによって出る
いわゆる妊娠性湿疹らしいです。
そのうち落ち着くといいな。
[PR]
エコー、どきません。
ページをめくっても、どきません。

コサビ「エコーさん、なにしてんの?ねえねえ」
しつこくチョロチョロしていたら、猫パンチ。
トラヲもパンチ。
チビたちガシャガシャやってます。

読んでいたのはカーサブルータス、世界の有名建築100。面白いです。
私と夫の経験を合わせたら、行ったことある建築はこの中の1/4くらい?
まだまだ見たいところ、いっぱいあるね。

アトムはすっかり元気になりました。
ニコニコです。
熱があったり調子が悪いと、
笑わなくなるので、触らずともピンときます。

ウランは、8週目の終わり。
私、実は一週間の安静中です。
先日わずかに出血あり。
子宮内からではないようで、
膣坐薬で、かぶれたのかもしれない、とのことで、坐薬を中止して、二日おきの注射に変更。
すでに出血も止まっているのですが、
念の為に仕事も休んで、とのこと。
不妊治療の病院は、対応がかなり繊細。
ウランの心音は、より強くはっきり聴こえるようになり、元気モリモリです。
大丈夫だよ。
やれることをやっていこう。

f0236736_8353967.jpg

f0236736_83541100.jpg

f0236736_8354261.jpg

f0236736_8354474.jpg

f0236736_8354585.jpg

f0236736_8354637.jpg

f0236736_8354760.jpg

f0236736_8354973.jpg

f0236736_8355021.jpg

f0236736_8355124.jpg

f0236736_8355240.jpg

[PR]
連休でしたね。
わたしは一日の半分の時間がつわり三昧。
夜中にもどしちゃったり、
とにかくだるくて動けない、
常に車酔いみたいな気持ちの悪さ、
何かいつも喉につかえてるような感じ、
口が苦い、眠い、などが続いて、ひえ~。。
8週目、3ヶ月に入り、いよいよつわり症状も本格化してきたようです。
多くの人は9-10週くらいがピークで12週には軽くなってくるとか。
きっとあと一ヶ月ほどの辛抱であるはず。
ウランもモリモリ育ってるのだ、と自分を元気づけつつ、
夫にアトムと遊んでもらいながら
気を失うように寝ていました。
最大にしんどいの時の記憶、ないもんね。。
(胎芽から胎児というニンゲンの形を見せ始めるのはこのあたりから。作ってますよ!人間。)

さて、アトムですが、熱が平熱に下がった途端、ジュースを飲んで猛烈に喉を痛がるようになって大泣き。
この症状は、ヘルパンギーナ、きちゃったかね。。
ヘルパンギーナは、夏に幼児の間で、はやる代表的な風邪の一種。
ほかにも手足口病などあります。
喉や身体中に水泡ができたりして、それが潰れて口内炎状態になると、ものすごく痛くて、水も飲めなくなる、というしんどい病気。

ちょうど一年前も同じ喉の風邪で高熱出してます。
この時期、一度はやるのですよね。
乗り切るしかない。

何を食べても飲んでも泣くので、怖がって何も飲まなくなっちゃった。
しかしながら、とっても元気。
前日同様、本人の強い希望で水遊びに早朝のお散歩。

夫がアトムと散歩に行ったとき、
青い実を見つけたので
「鳥さんが食べるんだよ」と
教えると
木にとまる鳥たちに向かって
「鳥さーーん、朝ごはんだよー!」と叫んでいたそうです。ふふふ。

そんな中、スイカだけはモリモリ食べてくれて。
おかげで水分も取れました。
そして夫のナイスアイディア、水ようかん。
食べます食べます。
少しずつ野菜、うどんなども食べるようになり、
今日は元気に登園しました。
えらいぞー。
のど痛いのに、よくがんばったね。

夏の病気、まだまだたくさんありますね。
小さなお子さんのいるおうち、妊婦さん、大人もみんな頑張りましょー。
f0236736_8581995.jpg

f0236736_8582015.jpg

f0236736_8582176.jpg

f0236736_8582292.jpg

モンスターズユニバーシティの本
「買ったよー」と言いながら、マイクに見せてあげていたのが、
なぜか食べさせて、面白がっている。

f0236736_8582353.jpg

[PR]
ギターを弾く夫のそばにやってきて、なでてもらうファズ。
かわゆいねえ。
f0236736_8252210.jpg

f0236736_8252363.jpg


昨夜遠くの空で雷ゴロゴロピカピカ、稲妻がすごくて、部屋の明かりを消して眺めていました。
f0236736_8252432.jpg



アトム、朝5時半おきで朝ごはんのあと
ベランダで水遊び。
八戸のおばあちゃんたちとスカイプしながら。
f0236736_8355965.jpg



最近のお気に入りの曲。
ユーミンのルージュの伝言(魔女の宅急便を見て覚えた。)を弾いてもらって、イエーイ、と言ってます。
f0236736_8252458.jpg


アトム昨晩から熱が38度ありますが、このとおりとても元気。
大人でも過酷だったこの一週間の猛暑。
疲れが出たのかもね。
おとなしくして欲しいと思っても、本人が遊びたいのだから、
それくらいの元気はあるというとこでしょう。
食べて遊んで笑ってるので今のところ大丈夫。

このまま省エネで過ごしましょう。
連休中に回復するといいね。

みなさまもどうぞ楽しいお休みを。
[PR]
by mizuiropinkchan3 | 2013-07-13 08:10 | ファズ | Comments(0)
毎日暑いですねー。

ファズ、玄関の土間。
触ると確かにひんやりしているもんね。
f0236736_1925856.jpg

エコーもすこし離れたところで。
f0236736_19251076.jpg

トラヲは床にぺったり。
コサビは同じ床のベッドの下にもぐりこんでました。
f0236736_19251065.jpg


こうド暑いのが続くと、
1番年上のファズが気になるけど、
ちゃんと食べて出しているようだから大丈夫だね。

アトムは毎日スイカを食べ、
元気に保育園でプール(2歳クラスはタライやビニールプール)に入り、楽しそうです。

人間も、少し日にちが経ってから
どっときたりしますから
日々気をつけましょうねー。
(自分に言っている)

さて。
病院で検査がありました。
大丈夫かなあ。
大きくなってるかなあ、とドキドキしましたが、
相変わらず口が苦いやら、
時折猛烈に気持ち悪いやら、
先日は夜中にもどしちゃうし、と
つわり満載なので元気であろう。
大らかに構える努力をしてのぞみました。

モニターに写る元卵は、
1センチの赤ちゃんになっていました。
まだ形は楕円のかたまりですが、
心なしか、ただのマルより凹凸が出てきているような、気のせいかもしれないような。

そして、今回、生まれて初めて心拍を音で聴くことができました。
機械を通してかすれた音が
トントントントン、とリズミカルに響いていました!
けっこうアレグロ。
大人の倍くらいの速さらしいですね。


良かったよー。がんばってるねー。打ってるねえ。
これはいよいよ、
「ウラン」と呼んで良いところまで来たのじゃないかしら。
(いろいろ夫と話し合いながら、アトムの弟妹はやはり、ウランでいいのだよ、と)

この写真の下の波形が心拍。
そら豆型のが胎嚢、その中にある白っぽいのが赤ちゃん。
f0236736_19302919.jpg



もし今度の診察で心拍が確認出来たら、
不妊治療の病院は卒業かねえ、
薬も終われるかなあ、
と夫と話していたのですが、
「では、また来週ね」と先生の言葉。
「いつまでこちらで?」と聞くと、
10週を迎えるまでだそうです。
それまで、投薬も同じように続けます。

ただいま7週。
それまでがっちりお世話になりましょう。

暑かろうが気持ち悪かろうが、わたし、
アトムとウラン、二人の母になるよ!
(言ったが勝ち。きっとね)

仕事、ありがたいことに休まず行けてます。
夢中で働いていると気持ち悪いのも忘れます。
現場や出張、新しいプロジェクトの担当は外してもらうことになりました。
産休までのあと半年くらいを一区切りと考えると、
今やれることをちゃんとやろう。
照明の仕事はやっぱり面白いです。

仕事のあとはその反動か、そういうつわりの波なのか、
家ではぐだらーっとしてます。
夫に頼ってます。
ありがたやー。

そしてアトムの存在は、つわり中の母をとても元気にします。
帰宅して、朝起きて、アトムがニコッとしていると
「なんかすごく可愛い生き物がいるー!」と(笑)おもわずメキメキ身体が起き上がります。
その流れで、アトムにごはんを食べさせて保育園に送り出して(夫が送迎)出勤してます。
[PR]
←menu