<   2010年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

先日の上棟から10日ほど経ち、床と壁ができました。
f0236736_2163274.jpg


模型通りだー。(そりゃそーか)
f0236736_2164490.jpg

ほんとにちーちゃいお家です。
南側3Fリビングのでかい窓が、こだわりであります。
2Fの窓は、今は左右ふさいでありますが、実際はこの倍くらいの横長窓。

現在のは、壁材(サイディング)を貼る前の木材の状態。
このままでも、案外悪くなかったりたりして?
いやいや、このままだとペラッペラで、
気密性も防水も防音もなーんもない、
住みにくく長く保たない家になっちゃいますから。
というか、住宅の検査基準に通らないよね。
木材の壁材も存在しますが、私たちにとってはコストが高く、
伸縮して歪んだり反ったりという、よく言えば自然な風合いが、
悪く言えばハンドリングしにくい、という特長があるそうで。
なので、私たちは今回は挑戦しませんでした。

階段がつくのは来週なので、2F、3Fへはハシゴ。
気をつけて登ります。
f0236736_2164746.jpg


待ちに待った3Fからの眺めチェーック。
f0236736_21244477.jpg


日暮里舎人ライナー、見えました。わーい。
右の細長いのが駅舎。
f0236736_21234429.jpg

スカイツリーは?
うーん、曇りで視界が悪くて、よくわからないね。
でも、多分、見えないね・・。

3Fのリビングからは、ルーフバルコニーに出られるようにしてあって、
リビングとバルコニーの床がフラットになるよう、設計しています。
北側斜線の法規制限でリビングが狭いので、
バルコニーと出来るだけ一体になっていた方が、
少しでも広がり感があると思って。
f0236736_2165289.jpg


最初の設計では、2Fにリビングを配置していたのですが、
じっくりと敷地の周囲の家々を見回すと2F建てが多いことがわかりました。
もともと住宅の密集している足立区。
設計の後半になって、リビングとバルコニーは、
プライベート性や開放感をできるだけ高くして気持ちよく使いたい、
という意図から、周囲から頭が一つ出る3Fに、
リビングを持ってくることにしたのです。
いずれは周りのお宅も3F建てになると思いますが。

やっぱりこれで良かったと思う。
暑い(屋根に近いから)とか、寒い(窓がデカイから)とか、
住んでみるときっといろいろ問題もあるかもしれませんが。
まー、やってみましょー。

台風14号の雨風(それほど大規模でなく、良かったです)で、
歪んでしまうでかも、と予想された木材をチェックすると、
3Fバルコニーの薄い木材が水を吸って歪んでいたので、取り替えてもらいます。
f0236736_2165022.jpg


バルコニーの手すりに使う金属の径や、幅、部屋の床材の色を最終確認。
f0236736_21235922.jpg
f0236736_2123476.jpg


インターホン、ポストの位置も確認。
現場で本物を見ると、イメージしやすいので、
今後も1、2週間に一度くらいの割合で通って確認、確認で進めます。

ファズ、エコー、次のおうちも日当りの良い場所がちゃんとあるからねー。
f0236736_21714.jpg

[PR]
by mizuiropinkchan3 | 2010-10-31 21:53 | 新居 | Comments(0)
八戸の実家から、野菜が届きました。
白菜、大根、人参、じゃがいも、赤黄緑ピーマン、ラディッシュ、絹さやなどなど。
珍しいものでは、アケビ、カリン(香りを楽しむ、食べられないやつです)も。
野菜たくさん食べるもんね。ありがたいです。
リンゴと茄子がでっかい!
f0236736_1040549.jpg


エコー、ラディッシュの葉っぱを齧って食べてる。。
f0236736_1040188.jpg


ほんっと、エコーは野菜や果物が好きです。
なんでかなあ。
食べさせないようにはしているのですが、油断ならぬ。
昨日も食卓にブドウを出しておいたら、ちょっと目を離したすきに
一粒かじられてしまうし、エディブルフラワーもぱくぱく食べちゃうし、
あるときは、キュウリのヘタが2階に落ちていたことも。
ヘタはおもちゃとしてくわえて、持っていっただけだと思うんですけど。

ファズに、素敵な唐辛子を見せてみる。
「クンクン、なんじゃこりゃ。食べられないならノーサンキュー」
f0236736_1040916.jpg


その野菜達が入っていた箱、今、とってもお役立ち。
何にかって?
プレステを入れる箱です。
f0236736_1040242.jpg

エコーがバタバタ走り回り、コードにひっかかったり、
乗っかっちゃったりして、エラーが出ておっかないので、保護。
手持ち部分からイン、アウト。
重たい本を載せて蓋をしてますが、それでも掘り起こそうと
本をガリガリしたりしてます。しぶとい。

そんなバタバタエコーも今日は膝の上。
f0236736_11172625.jpg

いつもはファズが座るけど、エコーもついに。
猫らしいじゃないですかー。
やっぱり寒くなると自然にこうなるんだね。

膝がないので、座布団の上のファズ。
f0236736_10401775.jpg


「ファズも膝の上に来てもいいんだよー」と愛想を振りまいてみる。
最初は顔を近づけてきたファズでしたが、すぐ逃げられました・・。
f0236736_10402187.jpg

わたし耳が寒くなりやすく、耳から頭が痛くなるので、家でもフードをかぶってます。
ドアを閉めてエアコン入れれば?と思うでしょう。

あのねー、今朝またドアの上に登っちゃったんですよ。エコー。
で、今日はついにずり落ちて、片手でぶらーんプルプル、と
しばらくの間ぶら下がってから、ぼたっと落ちてしまったのです。
「ファイトー、いっぱーつ!」な状態。
びっくりして、キャッチしようと焦って小走りになってしまった。
ちゃんと着地はしてたけど、やっぱりなんか危なっかしい。
なので、ドア、開けっ放し。
閉めておくと猫たちがトイレに行けないのでね。

この先、もっと寒くなったらどうするんだろう。
今はコタツで十分だけどね。
[PR]
トイレから出ると、必ずドアの隙間からササーッと入り込んで来るエコー。
最近はトイレの上からでる水が気になって仕方がない。

これ、どうなってんのかな。
f0236736_21361445.jpg


じー。
f0236736_2136197.jpg


手、出してみよ。
f0236736_21363111.jpg


ウォーター。
f0236736_21362316.jpg


あ、ぬれた。。
ペロペロ。
f0236736_21362771.jpg


これの繰り返し。楽しいんでしょうかねえ。

トイレの水って水道の蛇口から出ているのと同じですか?
今日は舐めちゃってたけど大丈夫かなあ。
そのうちキッチンの蛇口からの水にも手を出しそうです。

今日のエコーは更にヤンチャ。

なななんと、ドアの上に登ってしまいました。
リビングの家具配置、
食器棚、冷蔵庫、ドア、と階段状に高くなっていくんですが、
冷蔵庫側に開く方があって、少し開いた状態だったんです。

のぼってのぼって、ついにドアの上に。
ガシャッと背後で音がしたので、振り向くと、なぬー、こんな状態に!
登ったときの勢いで、ドアがバーンと開いちゃって、
陸(冷蔵庫)が離れちゃった訳ですね。
そんな、ほっそいとこに登っちゃって!
f0236736_21363466.jpg


落ちるぞー。
f0236736_21363899.jpg


案の定、足場が細すぎて、後ろ足が滑って落ちそうになりながら、
プルプルしてます。危ないぞー。
高さ2メートルはさすがに危ないんでは?と、
「おいで!」と手を伸ばしても、怖くないのか、信用されていないのか、
楽しいのか、シャッシャッと、遊んでいるときのように手を出してくるだけ。

ちょっとの間ならいーや、と急いで写真を撮って、
夫に来てもらい、やっと捕獲。
その間、ドアがギーコギーコと開閉して動くので、
ほんとにプルプルで落ちちゃいそうでした。

夫に抱かれるエコー。
「こわくないもーん」と顔をペロペロなめてます。
f0236736_21364383.jpg


その後、また登りたそうにドア上を見上げていました。
きっとまたやるんだろうなあ。。
夫は「2メートルくらい降りられるよ、猫だもん」と言っていたけど、そうかな。
そう言われると、大丈夫な気も。
エコーは体が大きくなってきて、身体能力も高くなってきました。
さらにヤンチャになっていくんだろうなあ。

「こわくないもーん」
f0236736_21364742.jpg

ハイハイ。
[PR]
朝4時。
夫が「お腹が気持ち悪いー」と目覚ましの前に起床。
食中毒的な感じ、というので心配。
大丈夫かーい。。かわいそうにー。
私も同じもの、食べたんだけど、平気だなあ。
確かに日本にいても、食べ物なんかにナイーブなのは夫の方。

ちなみに妊婦の私が今回の旅行で気をつけたことの一つ。
それは、便秘さんにならないこと!
(妊娠するとホルモンやら子宮が大きくなるやらで、滞りやすいのです)
日本にいるときから、プルーンとヨーグルトで快調だったので、
旅行にもプルーンを持ってきていたのですが、
全然いらないほど、とっても良好でしたーん。
この素晴らしい快調具合は、いったいどうしたんでしょう。というほど。
食べ物かしらん。

ともあれ、ホテルの送迎バスで日が昇る前の真っ暗な中を空港へ。
10分くらいで着いたかな。

空港につくと、夫もサンドイッチを食べられるまで回復して、ほっ。

朝焼けだ。
空港のガラス窓から見ると、
すでにサイパンはあっちの方に行っちゃったみたいに感じます。
f0236736_23243186.jpg



オンタイムで搭乗。
飛行機から見るサイパンに手を振り、さよなら。
f0236736_23243322.jpg


しかし、ゆっくりしよう、と思っていたけど、結局遊び倒しちゃったねえ。
もともと動き回るのが好きだし、3泊じゃ無理なんだね、きっと。
腰を落ち着けた滞在をするには、
慣れた国に1週間くらいはいないとダメなのかもね。
もっと大人になったら、いつかね。

飛んでしまうと、すぐ猫たちのことで頭がいっぱいに。
早く家について、ファズとエコーに会いたいな。
寝たり起きたりしながら、あっという間に成田上空。
「こうしてみると、日本は大きいね。やっぱり小さい島だったんだね」と夫。

スカイアクセスから見える、どこかへ行く飛行機。
f0236736_23244416.jpg

あ、スイスエアだ。(ティムプーのミミさん元気かなあ)
またスイスも行きたいよね。

でも、とにかく今は無事に日本に着けて、ひと安心。

帰国して一日経った今日、夫に「また南の島に行きたい?」と聞くと、
「んー、たまにはいいね。また別の所に行ってみたいね」と。
そっか、良かった。
「でも、次は高級なホテルに泊まりたいよ」と。
ふふ、そうね。ゴのつくやつが出ないような、ね。
(そういや、アリもたくさん出たね。
一匹くらい連れて帰ってきちゃってるんじゃないかなー)
アトムが生まれたら、みんなでまた行きましょう。

サイパン日記、終了でーす。
読んでくださって、ありがとうございました!
[PR]
by mizuiropinkchan3 | 2010-10-27 23:26 | | Comments(2)
ビーチを出てから、
何か買い物がしたいなあ(円高だしね。1$を85円くらいで換金してます)
ということで、調べていたCDショップに向かいました。
昨夜BBQを食べたグランドホテルのすぐ側。
グランドホテルの駐車場に停めて、歩いて探します。
泳いだので、ちょっと体がダルイね。
そういえば、サイパンの道を歩いていると、
ほんとの繁華街以外、歩道というものが整備されていません。
道もボコボコなので、水たまりがそこら中に。

車に気をつけつつ歩くと、ありました。
f0236736_22503282.jpg

「music and」というお店の名前だけど、
カーペットのお店になっちゃってるみたい?見当たらないね。
ミュージック&カーペット、になっちゃってるね。
なんていいながら近づいてみたら、閉鎖的な入口を発見。
入ると、1/3が映画などのDVD(ナウシカやワンピースなどもあります)
1/3がゲームソフト、残り1/3がCDという感じ。
品揃えは日本と変わらない感じ。
輸入盤は安いかな。と期待していたのですが、お値段も変わらず。

じゃあ、せっかくだから地元のミュージシャンのCDでも。
地元コーナーを見ると、いかにもインディーズの、ローカルな感じで、
なかなか笑えます。
おじいちゃんとお孫さん二人(5歳くらい)に見えるジャケット。
そういう3人組のユニットなのか?
全体的に古い感じ&印刷所はどのグループも同じなのでは?と思わせるような、
コントラストの薄い発色。
うん、買わなくてもいいかなっ。
というわけで、冷やかしだけでお店を出ました。

晩ご飯は、昨日BIG BOYZの方達が
「美味しいから、よく行くよ」と言っていたイタリアンにしようか、
ということで、グランドホテルのビーチに行き、彼らを探します。
いました、いました。
ビーチ沿いのテントでお仕事中。
「また来ましたー」と挨拶し、お店の場所を聞きます。
今日一日、島を走った夫は、
簡単な地図と説明で、すぐ分かった様子。頼もしい。

彼らが海が見える席を、すぐ電話で予約してくれました。
「急げばサンセットに間に合うよ」と。
ありがたいね。
彼らは実は鎌ヶ谷に住んでいたことがあるそうで、
そんな話でちょっと盛り上がったりして。
「いろいろありがとう。おかげで楽しい旅になりました」と言うと、
「今度は赤ちゃんと一緒に来てくださいね。待ってます」と。
うん、またいつか来たいです。

車を走らせて15分くらい。
お店は「coffee care」という名前。
f0236736_225133.jpg


高台にあり、海が見えます。
f0236736_22503480.jpg

正面にマニャガハ島も見えます。
着くと「お待ちしていました」
と中国人のスタッフさんが、窓際の席に案内してくれました。

時刻は夕方6時。ちょうどサンセットの時間。
f0236736_22503647.jpg

前菜やスープを美味しく食べながら、夕焼け空。
サイパンの夕日も最後だねえ。

私はシーフードのパスタのコース、
f0236736_22504684.jpg

夫はステーキのコース。
f0236736_2250448.jpg


パスタはしっかり茹でましたー。という感じで(若干茹で過ぎなのかな?)
もっちりしていましたが、シーフードのソースはとっても美味しかったです。
魚介(特に白身魚)が周りにゴロゴロ添えられていて、
さすがの私もお腹いっぱいになってしまい、ちょっとだけ残しちゃった。
ごめんなさい。
夫のステーキもおいしかったです。

満腹の帰り道。
夜道の運転はやはり、慣れないとちょっと怖いらしいです。
レンタカーは満タン返し。
夕方行ったCDショップ近くのmobilに行ったら、「マンタン?」と。
ほんとに日本語だけで過ごせちゃうんだなあ。
夫が、オイルを入れてくれたスタッフの現地のお兄さんから、
「君たち二人が歩いているのを見たよー」と話しかけられていました。
ニコニコと。これは英語で。
現地の人(現地で働く日本人も)フレンドリーです。

そういえば、サイパンは日本の免許証で運転できます。
国際免許がいらないので、気楽ですよね。
半日12時間でレンタカー40$、保険40$くらいでした。

ホテルに戻ると、隣の屋外バスケットコートでゲームが行われていました。
f0236736_2251567.jpg


見よう見よう。
私、高校時代1年だけバスケットをやっていて、見るのも好き。
スラムダンクは二人とも大好き。

片方のチームはユニフォームに、
mobilとDOCOMOとスポンサーネームが入っていたので、プロなのかな?
久しぶりにみるバスケットの試合。
チャモロ語なのかな、英語ではない実況中継や
音楽のテンションが高く、プロバスケの雰囲気。
地元の人たちもフェンスの周りに集まって見ています。
f0236736_22504989.jpg


サイパン現地の人は、身長は大きくありません。
日本人を少し大きくしたくらいかな。
しかし、屋外のおそらくコンクリートで、フルコートのバスケをやるというのは、
足に負担がかかりそうだな。
でも、フリーダムな雰囲気があって、なかなか楽しいね。

車を駐車場に戻して(停めて、キーをホテルのフロントに返すだけ。らくちん)
ABCストアで、次の日の朝ご飯のサンドイッチと水を買って、すべての予定が終了。
終わっちゃったねー。
明日は朝4時半にチェックアウトして、サイパン空港からは6時半ころ出発。
早く寝よー。

と思ったら、夫はTVのアメフトNFLに夢中。
ルールがわからない&コンタクトレンズを外して画面が見えない私に、
「行くのか?おおー!キャッチしたー」とか
「これは、スーパープレイだ」とか、楽しそうに実況してくれちゃってます。

私は寝ちゃうけど、おなかのアトムに夫の声が聞こえていればいーや。
ということで、実況を続けてもらいます。楽しそうだし。
普段の生活で私の声はたくさん聞こえているだろうけど、
夫の声も聞かせてあげたいのでね。

寝る前に、旅の間元気でいてくれたアトムに「いい子だったね」と話しかけ、
夫からも「明日は日本に帰るよ」と話しかけると、ポコリと動きました。
聞いてるのかもね。「はーい、わかりましたー」と。
[PR]
by mizuiropinkchan3 | 2010-10-27 22:54 | | Comments(0)
泳げそうなビーチをさがして移動しました。
ウィングビーチというところに行ってみました。
道が舗装されていなく、細くてガタガタ。
ほんとにこっちだよねえ。と、またちょっと不安に。
f0236736_23462161.jpg


でも、ちゃんと着きました。
わあ!キレイ!
f0236736_23463485.jpg


だーれもいません。
f0236736_23463982.jpg

水もこんなに澄んでる!
f0236736_23463777.jpg


ここ、泳げそうだけど、でも、誰も居ないのも不安かも。。
パーキング的なところから、ちょっと歩くしね。

それにですよ、その前に、飲料水を補給しなければ。
ホテルのあるガラパン地区にはABCストアやお店が至るところにあり、
ホテルの中にもコンビニがあるので、
サイパンならどこでも食料や水が手に入ると思ってしまったりして、
何も持たずにドライブに出てしまったのですが、
バンザイクリフ方向に北上してくると、お店、ありません。
たよりのいくつかのホテルに寄ってみましたが、コンビニが閉店している。
というか、ホテルがやっていない?みたい。
オフシーズンだからかなあ。
というわけで、また移動。この時点で2時くらいかな。

暑いよー。車の中に入って来る日射しが。
頭痛もしてきたー。と、しょうもない状態になってきた私。
と、夫が見つけたさびれた看板。「あそこ、マーケットと書いてある!」と。

早速入ってみると、確かにスーパーマーケット。ナイス!
中国人の経営かな。
大きな水カルピスウォター(日本のだよ)とコーラ、
ポテトチップス2袋、よくわからない中国お菓子。
(だってそれしかない。お弁当とかもありません)

それらをゴクゴク飲んで食べて、ふーっと一息。
水、食料、大事だねえ。

落ち着いたところで、夫に
「せっかく車があるし、もっと遠くのビーチでもいいんだよね?」といわれ、
そーだね。ということで、島の反対側のビーチを目指す。
島の内陸を通って、反対側へ。

この辺でわたし、眠くなってしまって写真を撮っていないのですが、
タンクビーチというところへ到着。
このビーチはキレイなんだけど、藻がたくさん浮いていて、
岩ごつごつで泳ぐ感じじゃないみたい。

つまりやはり、さっきのゾーン(島の反対側)のビーチの方が
キレイなんじゃないかと話し合い、戻ることに。
そんで、私、眠ってしまう。
20分ほどで、パウパウビーチに到着。ウィングビーチの隣です。
早いね!
「この島はかなり小さいみたいだね」とのこと。

ここでは、人が一人泳いでいる様子が見えました。
駐車場からビーチも見通せるので、ここに決定!
車の中で水着に着替え、そのまま海へ。
晴れて光が下まで通っているので、反射した光が水底に映って、キラキラの海。

先に潜った夫が「ナマコがたくさん居る!気持ち悪いー!」と叫んでいます。
f0236736_23564761.jpg


ああ、噂の。
私も海に入ってみましたが、シュノーケルセットがないので、
砂浜から少し先まで行くと、下までは見えません。

夫に水中眼鏡を借りて中を見ると、うわあーーー、いるいるーー。
いーっぱい!
海から顔をだして、思わず爆笑。
足の踏み場もないほど。
砂をかぶっているのかな。砂の色と同系色に見える。
白くて、ブツブツした表面の20センチから50センチくらいのナマコさんが。
いやいや、すごいね。わっはっは。
でも、こんなにきれいなひとっこ一人いない海、最高じゃないですか。
サンダルもあるし、浮き輪もあるし、ナマコは動かないし、無害ムガイ。
ということで、ナマコさんたちの世界の上澄み部分を借りて、
二人で、ひとしきり楽しみました。
夫は、もうふつーに泳いでいます。
私は浮き輪でプカプカと。
f0236736_235654100.jpg


岩の近くには、小さな魚も少しいました。かわいい。
ま、でも9割以上ナマコ。

ああ、いいねえ。
日が傾いてきて、直射も少なく、いつまででも浮いていられそうです。
f0236736_23565893.jpg


と、現地の人かな、遠くに、
プール代わりにじゃぶじゃぶクロールしている人も見えました。
波がないんですよ。ずーっと遠浅で。
湖みたい。しっかりしょっぱいですが。

1時間ほど泳いで、あがりました。そのまま車で着替えます。
海に入る前は「シャワーとかどうするの?」と心配そうだった夫ですが、
(マニャガハ島には設備が整っていましたが、ここはただの素ビーチ)
上がった後「ホテルにシャワーしに戻ろうか?」と聞くと、
「いや、いいよ」とのこと。
おお、ずいぶんたくましくなったね!

そのまま夕ご飯を念頭におきつつ、ドライブ。
もうそろそろサイパンも終盤です。
[PR]
by mizuiropinkchan3 | 2010-10-27 00:09 | | Comments(0)
ビーチの前に、動物園に寄りました。
外国で動物園に行くのは初めて。
というか、そんなにたくさん行くところが有る訳じゃないんですね、サイパン。

国道から入った、舗装されていない細い道の先に
(この道でいいんだよねえ・・と不安になるような)、
f0236736_231619100.jpg

熱帯植物に囲まれた「動物園風」の場所はありました。
でも、入口らしき建物がない。

車を止めて、どうしたもんかね、と思いながら、
f0236736_23162144.jpg

すでに居る鳥なんかを見て、かっこいいねー、きみー。なんて言っていたら、
f0236736_23162267.jpg


子供をあやしながらの女性スタッフに「こっちよー」とにっこり呼ばれました。
日本語の園内案内のペーパーをもらい、$15払います。
これ、動物達にあげてね。でも、ネコ科の動物は食べないわよ。
肉を食べるからね。
ポップコーンはこの辺の猫も好きで、食べるわよ。という感じで、
紙袋に入ったポップコーンとニンジンスティック$1を買います。
なされるがまま。笑。

ドアを開けると、にゃああーー、子猫が1匹やってきました!
f0236736_23141381.jpg


とおもったらもう一匹。
f0236736_23141630.jpg


痩せてるよー。可愛いけど、かわいそうだよー。
思わずポップコーンを食べさせる。
我が家の猫たちのドライフードもトウモロコシたくさん入っているから、
大丈夫だよね。と思いながら。

ふと、猫から顔をあげると、そこはウサギやハムスター(?)、カメといった小動物。
動物園、だよね?ここ。
みーんな「ごはんごはん!」という感じでわーっと寄ってきます。
f0236736_23142086.jpg


もちろんケージの中でね。
f0236736_2314223.jpg


ウサギの鼻と口がすごい。
f0236736_23142469.jpg


なんだか笑ってしまうほどで、ハムにポップコーン、猫にもポップコーン、
ウサギに人参をあげて、ふうー。一息つく。

その後はヒョウやオスライオン(ガオーガオーと吠えてびっくり)、
f0236736_2314254.jpg


ネコ科の動物が結構いろいろ。みんな寝ていました。
他にはブタ、鹿、トカゲ、エミューなど。
賢そうなオサルさんは、ポップコーンの食べ方が面白い。
ちゃんと両手で、ケージ越しにつかんでパクリ。
f0236736_23142734.jpg
f0236736_23142975.jpg



それらの動物達を見て回っている間、ノラちゃん猫がどんどん増えてきて、
ずっと着いてきます。
着いてきた子には、その都度ポップコーン。
だって、あげないわけにいかないっすよー。

園内は南国の植物もふつーにたくさん。
グレープフルーツとか、わからないけど花とか。
f0236736_23141759.jpg

f0236736_23162462.jpg



最後は残ったポップコーンを全部猫たちにあげて、帰りました。
はー、動物にエサをあげられる動物園てあんまりないから、楽しかったけど、
なんだかハードな動物園だった。。
[PR]
by mizuiropinkchan3 | 2010-10-26 23:19 | | Comments(0)
最初に向かったのは、「アメリカンメモリアルパーク」。
f0236736_22453064.jpg


今日はお勉強の日になりそう。
この先、もし戦争の話がとっても苦手です。
という方は読み飛ばした方がいいかもしれません。
私も辛いですが(普段は避けて通る話題です)、サイパンに来ている以上、
知らなくてはいけないと思って、書きます。

サイパンは、第二次世界大戦中、日本軍とアメリカ軍が戦った場所の一つです。
第一次世界大戦で、日本がサイパンを統治していましたが、
二次大戦で、アメリカ軍が攻めてきて、日本が負けて、
その結果、エノラ・ゲイがサイパンの島の一つ、テアニン島から飛び立ち、
広島、長崎に原爆を投下し、戦争は終わったんです。
f0236736_22453454.jpg


知らなかった・・。

施設は2004年に出来たばかりで、綺麗です。
すべての説明パネルや写真は、英語と日本語のバイリンガルで表示。
スタッフは多分米軍の人たちかなあ。女性が多い。親切です。

これまで、サイパンでは現地の黒人さんに近い人たちばかりと会っていたのですが、
ここにきて、あ、アメリカの人(白人)が働いている。と思いました。
現在のサイパンはアメリカの統治になっていますが、アメリカではなく、
マリアナ諸島のうちの一つなんだった、ということを感じます。

まず、日本語訳で、20分くらいのムービーを見る。
映像は、アメリカ的見地から語られてはいますが、
わりと正直に、淡々と進みます。
ですが、やはり、ひどく衝撃的で。
普段戦争ものを避けているせいで、なおさらショッキング。

特に、この後訪れようとしていた「バンザイクリフ」について。
f0236736_22453652.jpg


そこは、サイパンにおいて日本軍の敗北が確実になったとき、
すでに住んでいた多くの民間の日本人が、崖から身を投げた場所。
母子(赤ちゃん)が実際に身を投げる様子が、映像に残っていて、
思わず泣いてしまいました。

闘える人は闘え、闘えない人は自害しろ、という命令だったようで、
1万人以上がこの崖から飛び降り、亡くなったそうです。
アメリカ軍にもし捕まれば、ひどい殺され方をする、それよりは死んだ方がいい、
という思想が普及していたようで(実際はそんな劣悪な状況ではなかったようです)、
身を投げる人は恐怖におびえていました。
バンザイクリフというけれど、実際に「天皇陛下、万歳」といって身を投げた人は、
きっとわずかな日本軍だけだったんじゃないかと思うような、つらい映像でした。

でも、これらは本当にあった出来事。
他の展示もとても詳しく、怖かったですが、
ああ、やっぱり来たからには知らなきゃだめだった、と思いました。
同時に、私は何があっても自分からは死なない、赤ちゃんも殺さない、
と強く思いました。
自分が妊娠して一人じゃなくなると、自分と子供を守ろう、と
本当に思えるものなんだな、と。
f0236736_22453853.jpg


それから、アメリカと日本に挟まれて犠牲になった
サイパン現地の人たちのことが、気になりました。
今はみんな幸せな気持ちで暮らせているのかしら。考えるのは難しい。

バンザイクリフに向かいました。
島の高い位置にどんどん登っていきます。
f0236736_22454231.jpg


f0236736_22454511.jpg


着いた崖から見た海は、あまりに青くきれいで、泣けてきました。
f0236736_22454862.jpg
f0236736_22454620.jpg


灼熱の暑さで、長く外にはいられませんでしたが、
夫は全部の慰霊碑をゆっくり見ていました。
f0236736_22455013.jpg



そのまま、スーサイドクリフという、更に高い崖へ行きました。
f0236736_22455519.jpg

f0236736_22455218.jpg


ここも、同じ時期に多くの人が身を投げた場所。
下が海でない分、本当に救いのない、辛い場所だと思いました。

途中の韓国人慰霊碑のある場所には、大砲や戦車の残骸。
f0236736_2246113.jpg


強制労働者として、連れてこられていた韓国の方もたくさん亡くなっています。

真実とはいえ、すっかり打ちのめされてしまって、
もう一度、あのきれいな海で泳ぎたいな、と思いました。
f0236736_2246013.jpg


気持ちを切り替えたい思いと、現在に生きる観光客の私が今できることって、
サイパンの素敵な部分を、体感して帰ることなんじゃないかと思ったりして。
気を取り直して、といっていいのかわかりませんが。
戦争について考えるのはここまで。
私は楽しむ!
[PR]
by mizuiropinkchan3 | 2010-10-26 22:51 | | Comments(0)
晴れました。
f0236736_22395919.jpg

f0236736_2240079.jpg


海が昨日よりずっと青い。
空も青い。暑そう!
f0236736_2240312.jpg


今日はレンタカーを借りて、ちょっと遠くまで行ってみることにしました。
ホテル内でレンタカー手配。
f0236736_2240566.jpg


トヨタのカローラですが、左ハンドル、右側通行に慣れるのに、緊張気味の夫。
f0236736_22401421.jpg


ウインカーを出そうとして、ワイパーをカシャンカシャンと動かしてしまう。
フフ。初々しくてよ。
でも人のこと笑えない。ワタシは完全ペーパードライバーなのでね。

まずは朝ご飯。
昨日見つけていた、ボビーキャデラックへ。
f0236736_2240786.jpg


ていうか、ウィンチェルズの隣だったー。
ここはハンバーガーやピザが美味しいと聞いていたので。

バーガーとマカロニサラダ、ドリンクで$7ちょいかな。
アメリカンな内装。
f0236736_2240880.jpg


出てきたバーガーは、とっても美味しかったです!
f0236736_22401063.jpg


ジューシーなお肉。
フレッシュなトマト、オニオン、ピクルスはお好みで入れる。
ケチャップ、マスタードもお好みで。
f0236736_22401214.jpg


これは、村上春樹さん的にいう「まともなハンバーガー」てやつじゃないですか。

大満足で、ドライブ開始です。
[PR]
by mizuiropinkchan3 | 2010-10-26 22:41 | | Comments(0)
今日からの宿は「ハファダイビーチホテル」です。
f0236736_2153214.jpg

「ハファダイ」はチャモロ語で「こんにちは」。

サイパンの一番の繁華街ガラパン地区にある、大型ホテル。
今回の旅は妊婦なので、いろいろと移動距離が少なくて住むように計画。
1泊$70。安いです。
窓から海が見えます。いいねえ。
ヒマワリホテルから来た私たちには、なんでもかんでもよく見える。笑。
ベッドは堅いですが、オーケー範囲。寝れる。

ホテルの水鉢のお花。
f0236736_19282017.jpg


夕ご飯は、サンセットが望めるらしい「グランドホテル」(日系のホテル)の
屋外バーベキューに行ってみることに。

その辺の木に咲いている花がたくさん落ちていて、一つを付けてみる。
f0236736_19282590.jpg


ホテル目の前のギャラリアDFS(大型免税店)の無料シャトルで
グランドホテルまで。
ビーチ沿いの国道を走ります。

グランドホテルのビーチ沿いにあるBBQテントのあるビーチに行くと、
昼にマニャハガ島を手配してもらったスタッフのお姉さんがいました。
グランドホテルに拠点があるみたい。
声をかけられ、もう一人のこれまた大柄な
男性スタッフさん(日本人)も一緒にちょっと談笑。
f0236736_19283243.jpg


「いいサンセット来てるよー」と言われ、写真を撮ってもらっていると、
f0236736_19282872.jpg


別の現地スタッフの男性が、子猫を連れてやってきました。
f0236736_2129793.jpg


うわわー。ねこ、ねこ!エコーみたいな大きさ!
すでに猫に飢えていた私たち、大喜び。
大人しいねえ。
抱くと、やわらかいー。そうそう、子猫は柔らかいんだよねえ。しみじみ。
f0236736_19283425.jpg


サイパン、野良猫ちゃんも多いんですが、触るのも危ないので、
見るだけで我慢していたんです。

この猫ちゃん、もっと小さいときに会社BIG BOYZの
車のボンネットで寝ていたらしく、しょうがなくスタッフさんが連れて帰ったとか。
その辺の生きている魚をエサとして、あげていたら、
死んだ魚を食べなくなってしまったそう。へー。さすが、海の猫だー。

猫ちゃん、砂浜に歩いてきて、座ってサンセットを眺めています。
f0236736_19283695.jpg

なんて素敵。
サンセットも見たいし、猫も見たいしで、楽しすぎ。
最後は一緒に夕日を眺めて、さよなら。
f0236736_19283966.jpg


ああー、かわいかったー。

そうこうしているうちに、BBQの時間。
f0236736_19284990.jpg


夕日も沈み、海に停泊している大型船に明かりがつきました。
f0236736_19333622.jpg


(停泊させているのかな。昼からずっと動かなかったし
ほら、何もないと、海って真っ暗だから)
サラダのブッフェを食べつつ待っていると(野菜がおいしい)、
ウクレレ3本、ギター1本(ベース担当)の4人の現地の
若者ミュージシャンの生演奏が始まりました。
f0236736_19284456.jpg


テーブルを回って、ハワイアンや現地の曲を弾き語りしてくれます。
お客さんは4組しかいなかったので、たくさん聞けてうれしい。
穏やかな歌い方、4人ともメインも取れるし、コーラスもなかなか上手で
とっても和やか。
すっごいプロフェッショナル、というのではないんだけどね。
「I love you forever」とかの歌詞でも、海を背景にゆるい音楽が演奏されると、
それでOKな気分に。笑。
土地と音楽の雰囲気って、マッチングがあるんだよねえ。

途中で夫が「あ、靴を脱いで砂に足をつけると気持ちいいよ」と。
ああ、そういえば、こんな砂浜で靴を履いているなんて。と脱いでみたら、
細かい砂がひんやり。いいね。

魚介のBBQ、ステーキなどをたらふく食べて、オナカいっぱい。
ちょー美味しいか、って言われると、そうでもないです。
日本で食べる方がきっと美味しい。あは。
でもね、良かったです。全体的に。
楽しいんだもの。

帰りに4人組ミュージシャンに、
「よかったよー。お腹のベビーも楽しんでたよー。」と声をかけました。
すると「コングラチュレーション!
こいつの彼女にも赤ちゃんが生まれるんだよ」と、一人をさしました。
その彼にいつ?と聞くと11月だそう。
すぐだね。うん。boy or girl?
Boy。へー楽しみだねー。
アナタ達のベビーは?聞かれ、まだわからないの。というと、
「Surprise?」と聞かれたので、
「違うよー。まだドクターが言わないの」と笑うと、そっか、と。
で、みんなと握手して、バーイ。と。
彼らは、歩きながらウクレレを弾き、歌いながら帰っていきました。
いーね。ユルイわ。
[PR]
by mizuiropinkchan3 | 2010-10-26 19:34 | | Comments(0)
←menu