金魚が生まれる/亡くなる

金魚の卵ちゃんたち、別水槽にした翌日から次々孵化。
予想よりずっと早いね!
今回初めて卵の中に目や尻尾ができるところをムービーに撮影。
孵化する直前にたまごの中でクルンと回転するところをとらえました。
すごい。
その翌日、宇宙ヘルメットのようにたまごの中に頭だけ残し、尻尾が出ている状態を発見。
その日のうちに頭も出して泳ぎ始める子が3匹ほど。
そのさらに翌日、ほぼ全部の卵が孵化したー!という朝のこと。
タンクセパレーターで区切っていた小さな金魚が動かなくなっていました。
気づいたのはアトム。
私は東京勤務の日だったので、夫が水槽から出してくれて、翌日私が戻ってからアトムと桜の木の下に埋めました。
一年間、頑張って生きたね。ありがとうね、土になるんだよ、と言いながら埋めました。
アトムは手を合わせてなむなむしてました。

この子が稚魚が孵った日に亡くなったこと、なんとなく次の子達にバトンタッチしたのかな、なんてことを思ったりもして。
生き物ってそういうことあるよね、って思いました。

50匹ほどの稚魚は、4日経って今のところ全体的に元気です。
去年の経験からいくと、ここからなんだな、生きていく子とそうでない子が。
何しろ今は2ミリくらいのメダカの赤ちゃんみたいな可愛い子たちです。

f0236736_08133194.jpg

f0236736_08133210.jpg



アトムのお迎えに行く時に見える富士山と田んぼ。
電線がなく綺麗に見えるのです。
f0236736_08082959.jpg






[PR]
by mizuiropinkchan3 | 2017-07-09 20:35 | メダカ・金魚 | Comments(0)
←menu